中国株をはじめよう

取引をはじめる前に

中国株市場にはどんなものがあるのでしょうか。
わたしたちが投資できる市場について学びましょう。

中国株市場

中国には香港・上海・深センの3つの市場があります。

市場 分類 分類 概要 海外投資家の取引 取引通貨
香港 メインボード
/GEM
H株 中国本土事業展開・中国本土登記の企業 香港ドル
レッドチップ 中国本土事業展開・海外登記の企業
その他 香港の地場企業や海外の香港上場企業など
本土 上海 A株 中国本土居住者向け × 人民元
上海・香港株相互取引:海外投資家向け
B株 海外投資家向け USドル
深セン A株 中国本土居住者向け × 人民元
深セン・香港株相互取引:海外投資家向け
B株 海外投資家向け 香港ドル

香港市場

香港市場は「メインボード」と新興市場の「GEM」に分かれています。さらに、企業の登記地や営業拠点などによって「H株」「レッドチップ」「その他」の3つに分類されます。

香港市場の株式は、日本人を含む海外投資家も投資することができます。

「H株」とは

中国で登記された純粋な中国企業で、本土で事業を展開しながら香港市場に上場している企業の株式です。

H株の「H」は「Hong Kong」の頭文字を採ったものです。道路、電力、鉄鋼など重厚長大型の国有企業が多く、H株は香港市場で海外の資金を調達する手段となっています。これらの企業には中国本土の法律が適用されます。

「レッドチップ」とは

中国本土に主な事業資産を有している海外登記の企業で、香港に上場している企業の株式です。

「レッドチップ」という名称は、優良株を意味する「ブルーチップ」を中国共産党のカラーにもじって呼んだことからきています。

ケイマン諸島やバミューダ諸島など、税金が優遇されている地域や香港で登記している企業が多く、法律と会計制度は登記地のものが適用されます。

「その他」とは

H株やレッドチップに該当しない香港の地場企業や海外の香港上場企業、中国の民営企業などの株式です。

「P株(Private Enterprise)」と呼ばれる海外籍の本土系民営企業の株式も含まれています。

本土市場

本土市場には「上海市場」と「深セン市場」があります。両市場とも中国本土居住者向けの「A株」と海外投資家向けの「B株」に分かれています。

日本人を含む海外投資家はB株への投資が可能で、A株は一部の大手機関投資家に限ってQFII制度を利用した投資が認められていました。
しかし2014年11月に「上海・香港株相互取引」が開始し、2016年12月に「深セン・香港株相互取引」が開始され、海外の一般投資家も上海・深センA株への投資ができるようになりました(※)。

香港株相互取引の対象銘柄に限ります。

上海・香港株相互取引について

深セン・香港株相互取引について


各市場の分類についての詳細はこちらをご覧ください。

よくある質問 中国株式 香港株について

よくある質問 中国株式 本土株について

内藤証券では香港市場ほぼ全銘柄、上海A・深センA株全銘柄(※)、上海・深センB株全銘柄を取り扱っています。

香港株相互取引の対象銘柄に限ります。

口座開設のご案内

中国株を取引するには、まず口座開設が必要です。

Succe-s tradeの口座開設時に外国証券取引口座を同時にお申し込みいただいていますので、中国株取引を行うのに、特別な手続きは必要ありません。

内藤証券取引口座の特徴
  1. 口座管理料等は無料
  2. 売買時にかかる手数料以外は原則費用はかかりません。 
  3. 特定口座に対応

中国株も国内株同様に特定口座で税金の計算、または納税を、内藤証券がお客様に代わって行います。

取引画面ログイン方法

口座開設が完了したらSucce-s tradeへ日本円を入金していただくことで、取引できます。(外貨を入金する必要はありません。)

取引に必要な資金を入金してください
ホームページ中国株取引は国内株取引と同様に、Succe-s trade取引画面にログインしてください。

Succe-s trade取引画面ログイン後中国株取引を選択してください。

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。
-