チャイナストックガイド

取引時間と株価

各市場の取引時間 プレオープニングの流れ

■始値■
香港市場では10時~10時30分(日本時間)のプレ・オープニングで板寄せが行われる。プレ・オープニングは左の表のような流れで進行。約定できる株数が最大の価格であるIEP(参考均衡価格)を決定し、これを始値とする。IEPを算出できない場合は、前営業日終値が始値となる。なお、始値を決定する板寄せの時間は、上海市場や深セン市場でも設けられている(10時15分~10時30分)。


香港株の終値決定方法

■終値■
香港市場の終値は、16時59分~17時00分(日本時間)の1分間に15秒おきに採取した株価の中央値で決まる。上海市場の終値は原則的に最終約定の前1分間の加重平均価格が採用される。一方、深圳市場の終値は原則的に15時57分~16時の板寄せで算出するが、それができない場合は上海市場と同じ方法で決める。


悪天候による香港の休場

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。