チャイナストックガイド

悪天候による香港の休場

 亜熱帯気候に属する香港では、梅雨の豪雨に見舞われやすいほか、夏から秋にかけて台風が接近しやすい。特定の時間帯に豪雨警報の「ブラック・レインストーム」や台風警報の「シグナル8」が発令された場合、取引時間の短縮や休場と実施される。

警告解除と取引スケジュール

取引時間から発令しているケース

■警報の意味■

  1. 台風警報「シグナル8」
    台風の接近で毎秒17.5~32.5メートルの風が続き、最大風速が毎秒50メートルに達する恐れがあり、風の勢いが続くと予想される際の警報。これよりも強い台風警報としては、「シグナル9」と「シグナル10」があり、これらが発令された場合も、取引時間が同じ方法で調整される。
  2. 豪雨警報「ブラック・レインストーム」
     香港の広範囲で毎時70ミリを超える雨量が予想される際に出される警報。

中国株取引の仕組み

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。