上海A株、好業績・政策期待銘柄などに注目が集まる

直近3カ月間の上海A株の売買動向を3つに分類して紹介します

15.06.01

中国本土市場では5月25日に売買代金が初めて2兆元(約40兆円)を突破し、過去最高を更新しました。活発な商いを背景に、弊社ネットトレードでも4月の一日平均の売買代金は前月比で3倍以上増加しました。また、売買できる上海A株583銘柄のうち、5月29日時点で7割を超える438銘柄が売買されました。こうした点から、香港経由での上海A株取引は日本の個人投資家の間で徐々に浸透している事が伺えます。

今回ご紹介するのは、(1)直近3カ月間、弊社ネットトレードで売買が活発で、(2)下記のレポートで紹介していない銘柄――です。

好業績+株式分割(無償交付)銘柄

2015年4月に、中国本土企業の14年12月本決算、15年1-3月期決算が出揃いました。このうち好業績に加え、株式分割(無償交付)などを計画している企業が注目されました。

銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額(円)
A・H株価
比較(※)
601318平安保険'A'(ピンアンインシュランスA) 保険169,216円0.95倍
H株:02318
大手保険会社。信託投資、証券、銀行なども兼ね備えた金融グループに成長している。香港メインボードに上場するHSBC(00005)が大株主。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
27.6%増収、39.5%増益
(15.1-3月期)
33.7%増収、84.7%増益
配当予案:1株につき0.5元、10株につき10株の株式分割(無償交付)
《権利落ち日:未定、5月29日時点》
売上構成比
銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額(円)
時価総額
(人民元)
600352浙江竜盛(セッコウリュウセイA) 化学65,947円548 億人民元
浙江省紹興市に本拠を置く化学メーカー。主に基礎化学品及び特殊化学品を生産している。そのほか不動産事業も手がける。中国本土のほか、欧米や東南アジアなどでも事業を展開。地域別売上比率は中国本土55.8%、海外44.2%(14.12期)。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
7.6%増収、87.8%増益
(15.1-3月期)
6.8%減収、66.0%増益
配当予案:10株につき5元、10株につき10株の株式分割(無償交付)
《権利落ち日:未定、5月29日時点》
売上構成比
銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額(円)
時価総額
(人民元)
600690青島ハイアール(チンタオハイアールA) 家電56,978円888 億人民元
「ハイアール」(海爾)ブランドの白物家電の製造・販売事業を主力とする大手家電メーカー。洗濯機や給湯器などを製造・販売する海爾電器(香港:01169)を傘下に置く。地域別売上比率は中国本土87.9%、海外12.1%(14.12期)。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
2.5%増収、19.6%増益
(15.1-3月期)
2.5%減収、13.1%増益
配当予案:10株につき4.92元、10株につき10株の株式分割(無償交付)
《権利落ち日:未定、5月29日時点》
売上構成比

【A・H株価比較について】同じ企業でも市場によって株価が異なります。A・H株価比較は香港H株と比べて上海A株が何倍で取引されているかを表しています。(A・Hに両方上場していない企業は時価総額を表示しています。)

国有企業改革の関連銘柄

国有企業改革は15年3月に開催された全国人民代表大会(全人代)で提起された主な政策テーマの一つです。その狙いの一つとして再編を通じて国有企業の国際的競争力を高めることが挙げられます。

4月には、再編を通じて現在100以上ある国有企業の数を40前後まで集約するとのニュースも流れました。当局はこれを否定しましたが、国有企業再編をめぐる期待感は依然として根強いです。

銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額(円)
時価総額
(人民元)
600019宝山鋼鉄(ホウザンコウテツA) 鉄鋼16,452円1,386 億人民元
上海市に本拠を置く中央政府系の大手鉄鋼会社。粗鋼生産量(13年)は国内2位、世界でも4位。前身は日本の技術援助を受けて設立された製鉄所で、現在も新日鉄住金などと提携している。地域別売上比率は中国本土88.8%、海外11.2%(14.12期)。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
1.2%減収、0.4%減益
(15.1-3月期)
11.5%減収、2.5%増益
配当:10株につき1.8元 《権利落ち日:5月14日》 注意:既に権利落ち済み 売上構成比
銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額(円)
時価総額
(人民元)
600005武漢鋼鉄(ブカンコウテツA) 鉄鋼11,352円586 億人民元
中央政府系の大手鉄鋼メーカー。粗鋼生産量(13年)は国内3位、世界でも5位。熱間・冷間圧延の各種鋼材を製造。電気モーターなどに使用されるケイ素鋼の生産能力は世界有数。地域別売上比率は中国本土91.0%、海外9.0%(14.12期)。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
2.1%減収、124.1%増益
(15.1-3月期)
30.7%減収、75.4%増益
配当予案:10株につき0.5元 《権利落ち日:未定、5月29日時点》 売上構成比
銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額(円)
A・H株価
比較(※)
601866中海コンテナ運輸'A'(チャイナシッピングコンテナA) 海運20,966円3.35倍 
H株:02866
コンテナ海上輸送の大手。国際航路・国内航路に、定期便・チャーター便を就航。主な国際航路は、太平洋航路、欧州・地中海航路、アジア太平洋航路など。親会社は国務院傘下の中国海運(集団)総公司。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
5.5%増収、黒字転換
(15.1-3月期)
9.4%減収、305.6%増益
無配 売上構成比

【A・H株価比較について】同じ企業でも市場によって株価が異なります。A・H株価比較は香港H株と比べて上海A株が何倍で取引されているかを表しています。(A・Hに両方上場していない企業は時価総額を表示しています。)

インフラ関連株

最近3カ月間、中国政府によるインフラ整備計画の具体的な政策公表が相次ぎました。

  1. 「シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード」(一帯一路)構想。
  2. 長江流域の交通網の整備を含む「長江経済ベルト」の建設など。

これらを受け、インフラ需要が高まるとの見方が広がりました。

銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額(円)
A・H株価
比較(※)
601390中国中鉄'A'(チャイナレールウェイA) 建設38,024円2.38倍
H株:00390
鉄道建設を中核とする総合建設会社。主力のインフラ建設では、鉄道、道路、地下鉄などを幅広くカバー。親会社は国務院傘下の中国鉄路工程総公司。地域別売上比率は中国本土(香港・マカオを含む)95.7%、海外4.3%(14.12期)。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
9.3%増収、10.5%増益
(15.1-3月期)
6.9%増収、14.0%増益
配当予案:10株につき0.78元 《権利落ち日:未定、5月29日時点》 売上構成比
銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額(円)
A・H株価
比較(※)
601800中国交通建設'A'(CCグループA) 建設37,907円1.74倍
H株:01800
交通インフラ建設工事のリーティング・カンパニー。主な事業はインフラ(港湾、道路、鉄道、橋梁)建設など。上海振華重工(上海B株:900947)を傘下に置く。地域別売上比率は中国本土82.9%、海外17.1%(14.12期)。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
10.3%増収、14.4%増益
(15.1-3月期)
20.1%増収、7.6%増益
配当予案:10株につき1.72元 《権利落ち日:未定、5月29日時点》 売上構成比
銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額(円)
A・H株価
比較(※)
601186中国鉄建'A'(CRCC A) 建設 43,300円1.88倍
H株:01186
超大型の総合建設企業グループ。主要事業は工事請負、調査・設計・コンサルティング、鉄道補修設備など。親会社は国務院傘下の中国鉄道建築総公司。地域別売上比率は中国本土96%、海外4%(14.12期)。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
0.9%増収、9.7%増益
(15.1-3月期)
8.3%増収、8.7%増益
配当予案:10株につき1.5元 《権利落ち日:未定、5月29日時点》 売上構成比

【A・H株価比較について】同じ企業でも市場によって株価が異なります。A・H株価比較は香港H株と比べて上海A株が何倍で取引されているかを表しています。

中国株は日本株とは違い、決算発表後に権利・配当の内容、配当スケジュールを各企業が決定します。よって、決算日以降でも権利落ち日までに買付すれば、配当を受け取る権利があります。
上記銘柄で権利落ち日が「未定」となっている銘柄は、まだ権利落ち日を迎えていません(5月29日時点)。

売上高・純利益の増減率は前年比(14.12期)・前年同期比(15.1-3月期)。

「A・H株価比較」は15年5月21日終値時点の数値を使用。為替レートは1香港ドル=0.7991元で換算。

概算最低投資金額(円)には手数料や諸経費などは含まれていません(15年5月21日現在)。

配当を実施するには、株主総会での承認が必要となるため、変更される可能性があります。

(出所)上海証券取引所などに発表した各企業の各種資料に基づき内藤証券作成。

上記内容は情報の提供のみを目的としており、投資その他の行動を勧誘し、特定の銘柄を推奨するものではありません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。



中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。