上海A株、新規取扱銘柄に注目

中国初のLCCや大学発IT系ベンチャー企業などを紹介します

15.06.30

平成27年6月16日(火)より、上海・香港株相互取引で31銘柄が新たに取引できるようになりました。

ここでは、以下の条件を満たす銘柄のなかから5銘柄を紹介します。

  1. 中国国内で比較的知名度が高い
  2. 直近の業績が堅調
  3. 時価総額が200億人民元以上

銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額
時価総額
601021春秋航空(シュンジュウコウクウA) 空運業252,190円508 億人民元
上海市に本拠を置く、中国初の民営格安航空会社(LCC)。2015年1月に上海証券取引所に上場した。国内線・国際線の旅客・貨物輸送を手がける。海外進出にも積極的で、日本、韓国やタイなどで事業を展開。14.12期の国内線の売上高は前年比6.2%増だった一方、国際線(香港・マカオ・台湾線を除く)は同63%増と大きく伸びた。地域別売上比率は国内線80.3%、香港・マカオ・台湾線6.2%、国際線13.5%(14.12期)。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
11.6%増収、20.8%増益 
(15.1-3月期)
16.2%増収、46.4%増益
10株につき2.4元 
《権利落ち日:6月12日》
※既に権利落ち済み
売上構成比
銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額
時価総額
600601方正科技集団(ホウセイカギA) ITハードウエア 21,968円242 億人民元
中国の大学発ベンチャー企業の草分け的存在で、1990年に上海証券取引所に上場した。コンピューター(PC)のハードウェアの製造・販売などを主に手がける。「Founder」ブランドを展開。売上高に占める研究開発費の比率は2.6%。地域別売上比率は中国本土93.5%、海外6.5%(14.12期)。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
6.7%減収、98058.1%増益
(15.1-3月期)
3.5%増収、664.1%増益
予案:10株につき0.12元《権利落ち日:未定、6月29日時点》 売上構成比
銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額
時価総額
600917重慶燃気(ジュウケイネンキA) ガス28,457円223 億人民元
重慶市でガス管(導管)による天然ガスの販売やガス管網の敷設などを手がける。2014年9月に上海証券取引所に上場した。重慶市政府系の重慶市能源投資集団が筆頭株主。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
3.6%減収、19.7%増益
(15.1-3月期)
9.7%増収、50.7%増益
10株につき1.3元
《権利落ち日:6月5日》
※既に権利落ち済み
売上構成比
銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額
時価総額
600958東方証券(トウホウショウケンA) 証券66,699円1,775 億人民元
国内の金融センターである上海市を本拠にする証券会社。2015年3月に上海証券取引所に上場した。委託・自己売買業務、投資銀行業務、資産運用業務やリサーチ業務などを手がける。筆頭株主は上海市政府系の申能(集団)有限公司(上海A株:600642)。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
69.5%増収、132.4%増益
(15.1-3月期)
252.4%増収、789.8%増益
ーー 売上構成比
銘柄コード銘柄名 業種概算最低投資
金額
時価総額
600485北京信威通信科技(ペキンシンイツウシンカギA) ITハードウエア106,131円1,168 億人民元
北京市に本拠を置く大手通信事業者。ワイヤレス・ブロードバンドの「McWiLL」(Multi-Carrier Wireless Information Local Loop)製品を生産・販売している。海外での事業展開にも積極的で地域別売上比率は中国本土4.2%、海外95.8%。売上高に占める研究開発費の比率は8.7%(14.12期)。
【業績】 【配当】 【売上構成比】(14.12期)
(14.12期)
33.9%増収、10.7%増益
(15.1-3月期)
3447.2%増収、黒字転換 
予案:10株につき0.06元
《権利落ち日:未定、6月29日時点》
売上構成比

(出所)上海証券取引所などに発表した各企業の各種資料に基づき内藤証券作成。

中国株は日本株とは違い、決算発表後に権利・配当の内容、配当スケジュールを各企業が決定します。よって、決算日以降でも権利落ち日までに買付すれば、配当を受け取る権利があります。
上記銘柄で権利落ち日が「未定」となっている銘柄は、まだ権利落ち日を迎えていません(6月29日時点)。

売上高・純利益の増減率は前年比(14.12期)・前年同期比(15.1-3月期)。

概算最低投資金額には手数料や諸経費などは含まれていません(15年6月23日現在)。

配当を実施するには、株主総会での承認が必要となるため、変更される可能性があります。

上記内容は情報の提供のみを目的としており、投資その他の行動を勧誘し、特定の銘柄を推奨するものではありません。銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断にてお願いいたします。



中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。