中国株 業界レポート

自動車業界 ~世界最大の自動車大国、更なる成長余地~

2010年6月25日

市場動向 ~世界有数の自動車大国~

09年の業界規模:

自動車生産台数:1379万台(前年比48.3%増)、販売台数:1364万台(同46.2%増)

中国は世界有数の自動車大国である。99年以来2ケタ成長を続けてきた中国の自動車業界は、08年に金融危機の影響で成長率が1ケタに鈍化。だが、国内景気の回復、「以旧換新」(買い替え奨励策)、「汽車下郷」(農民による自動車購入の促進策)を柱とする政府の販売奨励策などが奏功し、09年は過去最高の伸び率を記録した。10月に生産、販売台数ともに累計で1000万台の大台を超えると、通年では1300万台を突破。世界最大の生産・販売台数を誇る規模にまで成長した。販売奨励策は10年も継続されることとなり、市場拡大を受けて通年では1500万台の規模に達するという予想もある。さらに政府はハイブリッドカーなどエコカーの振興、業界再編などを推し進めており、業界全体の高度化、国際的な企業の育成などを目指している。

業界の特徴 ~多くの企業が競争を繰り広げる巨大市場~

生産・販売面:

多くの自動車メーカーが存在し、産業集積度は日本に比べると小さい。東北、長江デルタ、中部地区などが自動車産業の中心地であり、これら3地区で全体の6割以上を占める。経済発展、所得水準の向上、政策支援、道路インフラの整備などを背景に、市場は拡大中。販売競争は激しいものの、1人当たりの保有台数などで見れば、自動車の普及水準は低く、自動車ローンなどの関連分野も合わせ、市場の成長余地は大きい。ただ、日本、ドイツ、米国、韓国などの外国ブランド車が乗用車販売の多数を占めており、民族ブランドは3割に過ぎない。基幹部品などを外資に頼っており、国内メーカーの技術・ブランド力の向上が課題となっている。

国際面:

世界の主要自動車・部品メーカーのほとんどが、中国を最重要の市場と位置付け、進出済み。トヨタ、日産、ホンダの日系3社も、現地で有力国有企業と合弁事業を展開している。輸出も09年で約40万台と全体での割合は小さいものの、民族系企業などがけん引役となり、価格競争力を武器に新興国などの市場開拓に努めている。

政策面:

外資は規制を受けており、上限50%の合弁形式、同車種については合弁パートナー2社までしか認められていない。政府による様々な販売奨励策が取られている。

主要企業、主な取扱い銘柄 ~国有系が高いシェアを持つ~

主要企業の多くは国有系で、それぞれ有力外資と合弁事業を展開している。上海汽車工業(集団)総公司(上海汽車)、中国第一汽車集団公司(第一汽車)、東風汽車公司(東風汽車)、中国長安汽車集団股フン有限公司(長安汽車)などがリーディングカンパニー。このほか、民営企業の発展も著しい。

主な取扱い銘柄:
社名 コード
市場
売上高 純利益 時価総額
吉利汽車 00175 14,069 1,183 19,480
香港 浙江省を本拠とする民営の大手自動車メーカー。「吉利」(GEELY)ブランドで知られる。主力製品はセダン車の「吉利金剛」(ジーリー・キングコング)や「自由艦」(ジーリー・ビジョン)など。浙江省や上海市を中心に生産拠点を設けている。国内販売が中心だが、東欧、中東、アフリカ、中南米などにも輸出している。
駿威汽車 00203 638 1,915 29,173
香港 本田技研工業との合弁会社である広州本田汽車有限公司(広州ホンダ)を持分法適用会社としている、大手自動車メーカー。実質筆頭株主は広州市政府系の広州汽車工業集団。広州ホンダはセダン「アコード」、ミニバン「オデッセイ」、セダン「シティ」、コンパクトカー「フィット」を製造している。自動車部品の製造・販売事業を展開。香港でも音響器材の製造・販売を手がける。
東風汽車集団 00489 91,758 6,250 83,576
香港 国有系の大手自動車メーカー。日産自動車との合弁会社を通じて、上海上場の東風汽車股フン有限公司を支配下に置く。日産のほかにも、プジョーシトロエン、本田技研工業など複数の有力外資と合弁事業を展開。主力製品はトラック、バス、セダン、MPV、SUVなどで、合弁パートナーのブランド車も生産する。
華晨中国汽車 01114 6,149 ▲1,640 13,434
香港 遼寧省政府系の自動車メーカー。ワンボックスバン、セダン、自動車部品の製造・販売を手がける。子会社の瀋陽華晨金杯汽車工業控股有限公司は、「海獅」ブランドのワンボックスバン、スポーツセダンの「酷宝」などを製造・販売。間接出資しているBMWとの合弁会社「華晨宝馬汽車有限公司」は、BMW3シリーズ、5シリーズをセミノックダウン生産している。
慶鈴自動車 01122 4,490 241 4,667
香港 重慶市を本拠とする地元政府系の自動車メーカー。中外合弁企業の慶鈴汽車有限公司の再編により設立された。主力製品は、「いすゞ」ブランドの小型トラック(Nシリーズ=「エルフ」)、MPV、ピックアップトラック、中大型トラック(Fシリーズ=「フォワード」)、自動車部品など。日本のいすゞ自動車が大株主となっており、エンジン製造で合弁経営している。
比亜迪 01211 39,469 3,794 140,374
香港 広東省に本拠を置き、自動車事業と電池、IT部品事業を収益の柱とする民営企業。主力の自動車事業は03年に既存メーカーを買収して参入。低価格車を主力に販売台数を伸ばし、自動車メーカーとして存在感を高めている。さらに、08年に世界で始めてプラグインハイブリッド車の商業化を発表するなど、環境対応車の開発にも積極的。 設立当初からリチウムイオンなどの二次(充電式)電池を製造する企業として成長を遂げており、現在でも世界上位のシェアを誇る。
長城汽車 02333 12,396 1,023 15,860
香港 河北省の保定市に本拠を置く民営の自動車メーカー。主力製品は、ピックアップトラックの「迪爾」(Deer)、「賽鈴」(Sailor)、SUVの「賽弗」(Safe)、「賽影」(Sing)、セダンの「精霊」(Perey)、MPVの「嘉誉」(Cowry)、CUVの「哈弗」(Hover)など。このほか自動車部品なども手がける。ロシアや欧州など海外事業に積極的。
イ柴動力 02338 35,261 3,407 53,392
香港 山東省に本拠を置く、地元政府系の大手ディーゼルエンジンメーカー。同社製品は大型トラック、建設機械、船舶、発電機などに使用されている。エンジン以外にも、大型トラックの有力メーカー、変速装置・部品のメーカーなどを傘下に置いている。
中国重汽 03808 27,223 965 18,720
香港 「中国重汽」(SINOTRUK)ブランドで知られる大型トラックメーカー。主な製品はトラック、トラックシャーシ、セミトラクター。運転室、発動機、車軸などの部品も生産する。深セン上場の中国重汽集団済南ソウ車を傘下に置く。山東省を本拠としており、地元政府が実質的な筆頭株主。このほかフランクフルト証券取引所に上場する独MANも資本参加している。
江鈴自動車 200550 10,433 1,056 16,268
深セン 江西省南昌市の自動車メーカー。主力製品は小型トラック、ワンボックスバン、ピックアップトラック、SUV「宝威」、フォード「トランジット」など。いすゞ自動車と合弁会社を経営し、「Nシリーズ」や「Tシリーズ」などを生産。筆頭株主の江鈴控股有限公司には、深セン上場の長安汽車と、江西省南昌市政府の管理企業が折半出資。このほか米フォード社も大株主として名を連ねている。
無錫威孚高科技 200581 3,081 448 8,886
深セン ディーゼルエンジン燃料噴射装置のリーディングカンパニー。燃料噴射ポンプ、インジェクションノズル(燃料噴射弁)などを製造販売している。独ロバート・ボッシュとの合弁会社を中核に、燃料噴射ポンプ、インジェクションノズルなどを生産している。江蘇省無錫市を本拠とし、地元政府系の企業が筆頭株主。このほかロバート・ボッシュ社も主要株主となっている。
長安汽車 200625 25,204 1,078 21,955
深セン 政府系の大手自動車メーカー。「長安之星」シリーズのバン、長安ブランドの小型トラックなどが主な製品。スズキとの合弁会社は乗用車「アルト」(奥拓)、「カルタス」(羚羊)などを生産。フォード、マツダとの合弁会社は、「フィエスタ」(嘉年華)などが主力。深セン上場の江鈴汽車にも間接出資している。

売上高・純利益はすべて09年12月本決算。単位は百万元。換算レートは1香港ドル:0.881元。

時価総額は10年6月23日の終値に基づきブルームバーグから算出、単位は百万香港ドル。

注目されるトピックス ~再編観測が続く業界、販売奨励策の継続で更なる成長余地も~

政府主導の業界再編策の行方

当局は国内での過当競争、過剰気味の生産能力の防止、国際的なメーカーの育成などを目的に、積極的な業界再編に動いている。大手を中心とした再編が続く見込み。

販売奨励策

内需拡大を目的とした「以旧換新」(買い替え奨励策)、「汽車下郷」(農民による自動車購入の促進策)などの販売奨励策を当局は実施しており、今後も消費を押し上げ、市場の成長を加速させる可能性が高い。

電気自動車などエコカーの開発動向

官民挙げて環境対応の自動車開発に本格的に取り組んでいる。すでに比亜迪(01211)はハイブリッドカーを販売するなど、各社がエコカー開発に向けてしのぎを削っている。

中国の自動車販売シェア(09年)
中国の自動車生産・販売台数

広告審査済

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。