中国株 業界レポート

IT・ソフトウエア業界

IT・ソフトウエア業界 ~「インターネット・プラス」の時代へ~
2015年6月22日

市場動向 ~世界最大のネット大国、社会の急速なIT化が追い風に~

14年の業界規模:

売上高:3.7兆億元(前年比20%増)、ネットユーザー数(14年末):6.49億人(ネット普及率:48%)

中国社会は急速にIT化が進んでおり、昨年の業界売上高は景気減速の中でも約2割の伸び率を確保した。ネット接続の多くはスマートフォンからで、国民は各種ネットサービスを気軽に利用。特にEコマースは引き続き高い伸びで、その販売額は前年比5割増の約4500億米ドルと、米国を上回り世界最大。Eコマースを起点にネット金融が普及するなど、中国の個人生活ではIT化が急速に進んでいる。これを受け、企業側も積極的にIT投資を続けるなど、対応を迫られている。もっとも、景気低迷の影響は日に日に大きくなっており、今1-4月期の業界利益額は前年同期比で11.5%増と、伸び率は10ポイント以上も低下。競争も激しく、業界は徐々に体力勝負の様相になりつつある。

業界の特徴 ~民営企業が主役の成長市場~

生産・販売面:

IT業界は民営・中小が大半を占め、4万近くの企業が成長市場で激しい競争を繰り広げている。主にソフトウエア開発、システムインテグレーション(SI)、データ処理などに分けられ、売上高全体に占める割合はそれぞれ30%、21%、18%。成長性の高さは製品・サービスの技術革新の速さも意味し、業界の新陳代謝は活発となっている。。

国際面:

多くの中国企業は海外からアウトソーシング契約を受注。同年のソフトウエア輸出額は前年比16%増の545億米ドルだった。有力外資は大半が進出しているが、規制の壁は大きい。近年は中国企業の海外進出も目立ち、昨年はアリババグループが資金確保のために米国にADRを上場させた。

政策面:

当局は国内IT産業の発展と、国内産業のIT化を重視、IT消費規模を12年の約1.7兆元から15年までにほぼ倍増させる計画だ。さらに「インターネット・プラス」を提唱。各産業とネットの融合を進めるため、具体的な行動計画の策定を進めている。

主要企業、主な取扱銘柄 ~「BAT」が業界の主役、競争激化で各企業の明暗が分かれる~

IT業界は民営・新興企業が多く、企業規模は概ね小さい。ただ、大手は米国、香港・本土などに上場しており、「BAT」と呼ばれるアリババグループ、テンセント(00700)、百度(バイドゥ)の3社は抜き出た存在感を放つ。Eコマースで約8割のシェアを握るアリババは米国上場で約250億米ドルもの資金を調達した。SNS・ゲーム最大手のテンセントはチャットアプリ「微信」(WeChat)の強みを活かし、広告・ゲーム収入を拡大。14.12期も好業績が続いた。一方で競争も激しく、ゲーム市場大手の雲遊控股(00484)、網龍(00777)などの業績は悪化。業界内で明暗が分かれた。競争は企業向けでも熾烈を極め、ERP大手の金蝶国際(00268)、企業向けソフト最大手である用友ソフト(600588)は売上が伸び悩んだ。一方でブロードバンド業者の鵬博士(600804)は加入者数を急速に拡大し、14年も業績を拡大。また、少ないながらも政府系の大手IT企業が安定した売上を記録した。航空システムの分野で独占的なシェアを持つ中国民航信息網路(00696)、企業のオートメーション化を支援する上海宝信ソフト(900926)などが、各々の強みを活かした。

主な取扱い銘柄:
社名 コード
分類
売上高 増収率 純利益 増益率 時価総額
金蝶国際
00268
人民元 1,547 ▲3.519755.914,721
中小企業向けERPソフトの開発で国内最大手。深セン市に本拠を置く民営企業で、同社運営の「友商網」は国内最大規模のオンラインのERPプラットフォームとなっている。クラウドとEコマースを成長分野に設定。金山軟件やアリババグループとの提携を通じて、競争力を高めていく構えだ。
浪潮国際
00596
香港ドル 1,70330.9▲69 赤転2,164
山東省政府系のIT企業。米マイクロソフトが資本参加している。ソフトウエア開発、SIなどを展開し、ITサービスは企業、税務、通信、金融、政府など幅広くカバー。親会社の浪潮集団は政府系では国内有数のIT企業。浪潮ソフト(600756)、浪潮信息(000977)とは兄弟会社の関係にある。
中国民航信息網絡
00696
人民元 5,33618.31,65337.136,168
政府系のITソリューション大手で、航空関連のシステムで国内最大手。大手航空会社が大株主として出資しており、結びつきが強い。航空業界の発展による恩恵を直接享受できる企業といえる。
テンセント
00700
人民元 78,93230.623,81053.61,445,757
「QQ」ブランドで様々なインターネットサービスを提供する大型IT企業。オープンプラットフォーム戦略を採用し、ソフト会社が開発した豊富なゲーム、アプリなどを迅速に提供できる点が強み。チャットアプリ「微信」(WeChat)は多くのユーザー数を誇る。オンラインゲームの最大手で、利用者数上位15タイトルのうち、14年は8タイトルを同社が配信した。
神州数碼
00861
香港ドル 68,343 70111,774
国内有数のIT企業。MBOを通じて経営陣が大株主になっている。パソコン最大手の聯想集団(00992)と関係が深い。企業向けを中心に各種IT製品を販売。SIやソフトウエア開発なども提供している。日本のジャスダックに上場するSJIを傘下に収める。また、深セン上場の神州数碼信息服務(000555)を子会社化している。
金山軟件
03888
人民元 3,35054.276914.636,490
民営の大手ソフト開発会社。ゲーム、アプリケーションソフトなどが主力。オンラインゲームの中華圏でのブランド力は高く、同社製セキュリティソフトや辞書ソフトは広く使われている。同社の雷軍・主席は有名なIT企業家の一人。クラウドサービスを戦略分野に定め、中国のデータサービス大手に出資した。
IGG
08002
米ドル 205132.666855.37,828
シンガポールに本拠を置くオンラインゲームの開発運営会社。自社開発したMMORPG(多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム)の「衆神之戦」(GodsWar)などがヒット作品。モバイルゲームの開発も手がけ、「微信」(WeChat)などを通じてスマートフォン・ユーザーにゲームを提供している。
用友ネット
600588
人民元 4,3740.35500.495,799
民営の大手ソフトウエア会社。財務管理、顧客管理、EPRを含む企業向け分野で、国内トップの座を長年維持。中国トップ500社の6割以上と取引関係にある。近年はモバイル、クラウド、ビッグデータ、SNSなどと連携した製品・サービスを提供。金融、医療など各分野に特化した専門子会社を設置している。
東軟グループ
600718
人民元 7,7964.6256 ▲37.841,447
遼寧省瀋陽市の大手ソフトウエア会社。東北大学(中国)の教授などが91年に創業した。ソフトウェアやシステム開発を手がけ、顧客は国内外の通信、電力、建設、不動産会社などに及ぶ。海外からのソフトウエア受託開発は国内最大級の規模。日本企業からの受注も多い。
鵬博士
600804
人民元 6,96319.753432.562,806
四川省成都市を本拠とする民営の大手ネットサービス会社。主力はブロードバンド接続サービスの提供で、近年はネット付加価値サービスとの連携を加速。インターネットデータセンター、画像監視システム、情報セキュリティなどがその中身で、北京市のスマートシティ建設に協力している。
上海宝信ソフト
900926

A株:600845
人民元 4,07213.732210.929,210
企業の自動化・情報化をサポートする企業。顧客企業は鉄鋼、都市交通、電力、石油化学、非銀行系金融機関、医療、行政など幅広く、ソフトウエア開発、システムインテグレーション(SI)などを手がける。日本にも子会社を設置している。国務院系の鉄鋼大手である宝山鋼鉄(600019)の傘下にある。

売上高・純利益は14年12月本決算。単位は百万。神州数碼(00861)は変則決算のため、増収増益率は非表示。

時価総額は15年6月19日の終値に基づきブルームバーグから算出、単位は百万HKドル。換算レートは1元=1.2HKドル、1米ドル=7.75HKドル。

ITハードウェア(業種別一覧) ソフトウェア(業種別一覧)

注目されるトピックス ~ネットと既存産業との融合が加速~

「インターネット・プラス」戦略でITは今後も成長産業に:

中国は国家戦略として、ネットと既存産業との融合を加速し、経済構造の高度化を進める構えだ。具体的にはモバイル、クラウド、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)などを活用。この中でも「ネット+製造業」が今後の注目ポイントと考えられ、メーカーによる生産ラインの自動化、ITシステムのクラウド化などが進もう。この新規需要は長期的に続く可能性が高い。

ネット大手が主役の業界の垣根を超えた買収・提携に注目:

「BAT」を含むネット大手が主役の買収・提携は今後も業界の方向性を左右しよう。特に昨年米国に上場したアリババの動きに注目。ネットを基礎に置く事業多角化のビジネスモデルは、Eコマース、物流、金融を軸に更なる広がりを見せようとしている。これにほかのIT企業が刺激されれば、経済全体の活性化にも繋がろう。

米ハイテク株が香港の地合いを左右へ:

米国株市場には百度、京東商城に加え、昨年にはアリババも上場。中国の有名ネット企業の多くは米国に上場しており、同市場の中国ITセクターの動向は引き続き上海・香港の同セクターの株価に大きな影響を与える可能性が高い。前営業日のニューヨーク市場は常に留意しておく必要がある。(中国部 畦田)

ITハードウェア(業種別一覧) ソフトウェア(業種別一覧)

中国のインターネット市場のユーザー数(万人)

拡大上表をクリックすると別枠で大きな表が開きます

中国のネットユーザー数の推移

中国ネット業界 の 14 年度 企業別シェアを一部抜粋

検索サイトのブランド浸透率(%)
Eコマースのブランド浸透率(%)
ネット決済サービスのブランド浸透率(%)

広告審査済

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。