上海街角だより

人もお金も動く春節

日本でも、中華街などのイベントや中国人旅行者の「爆買い」のニュースで知られるようになってきた中国の正月『春節』。

今年の春節中の中国国内旅客者数は日本の総人口の三倍近くに達するなど、この期間の人の移動は多く、各地の鉄道ターミナルや空港などは大勢の人で混み合いました。一方、オフィス街や学校などでは、普段は見られない静けさに包まれていました。
また、このシーズンはその前後を含めて非常に多くのお金も動きます。

今回は、そうした春節の「人」と「お金」の動きについてご紹介します。


一昔前の上海では、春節前になると大きな布団を入れたバッグや段ボールを担いだ地方からの出稼ぎの人たちが、長い時間をかけて長距離バスで里帰りする姿が見られましたが、近年では高速鉄道の開通や航空網の充実で選択肢が増えたこともあり、そうした姿は駅や空港などでも見られるようになりました。

一方で、上海ディズニーランドのオープンもあり、上海に春節中に観光旅行でやって来る各地の人々も増えています。

期間中のディズニーランドでは、入場者数が制限されるなど大変な賑わいを見せ、園内に入らなくても買い物ができる併設のショップでお土産を買ったり、特徴的な建物などを背景に写真を撮ったりするためにディズニーランドの前にやって来る観光客もいたため、周辺は大変な混雑となりました。


買い物や温泉などを目的に日本へ旅行する人や、将来的な移住の下見や既に移住した人への訪問も兼ねてオーストラリアやカナダへ行く人など、海外へ出かける人も多く、その分航空機のチケットも高騰しました。平常時の倍から三倍といった価格も珍しくなく、それすらもあっという間にどんどんと空席がなくなっていく状態となりました。

また富裕層やプチ富裕層では、豪華客船でのクルーズなども好まれ、中国国内の通販サイトでは自家用クルーザーや別荘の売り物まで掲載されるなど、爆買いをはるかに超える規模のお金も動いています。


旧正月

春節に大人気のスポットの一つである、上海の豫園。昔から紅燈(飾り提灯)が見事で、夜の絶景として市民や観光客に親しまれてきましたが、LEDの登場でいっそう数の増えた灯りとさまざまな装飾で人々の目を楽しませています。

LEDは春節の夜をより鮮やかなものにするとともに、事故や火災の減少など(春節中の花火や爆竹による火災、死亡事故などは毎年ニュースになっていたほどです)防災にも役立っています。



街中はといえば、最近では市内の環状道路内側での爆竹が禁止されるなど変わってきている部分もありますが、その分といっていいのか巨大な爆竹の形をした飾りや、今年の干支である犬の切り絵などの縁起物、春節の定番ともいえる『福倒』(※)などの門飾りが売られたり、貼られたりして、景色の中に赤と金色が一気に増えます。

福の文字を書いた紙。傾けたり逆さに扉に貼ることで、福倒(福が逆さ)=福到(福が来る)と同じ発音になることから、駄洒落の縁起担ぎとして飾られます。


旧正月

少し前までクリスマスの飾りでいっぱいだった空間も、春節一色となりました。青色LEDの量産化以降は、クリスマスは「青」と「白」、春節は「赤」とLEDの色の使い分けもいっそうはっきりとして、季節感の盛り上げに一役買っています。
よく見ると色を変えたり、位置を変えたりと使い回しをしている所などもあって、そうした工夫の跡を見るのもまた、この季節の楽しみ方の一つです。


またコンビニなどには、お年玉袋から祝儀袋サイズまで「紅包」(新年のご祝儀・お年玉)用のさまざまな赤い袋が置かれ、慌ててそれを買いに来る人もいたりします。


そんな中、近年目立つようになったのがスマホによるモバイル「紅包」。

最近では現金に触れる機会がめっきりと減った中国ですが、この電子決済はお店のほかにも個人間の決済に使用することも可能で、紅包もこの流れに乗って電子決済のウィペイなどで行われるようになっています。


また、店舗や企業・サイトなどからの紅包もあって、割引やポイントなどの紅包を集めまくったり、メールやチャットに紅包を添付したり、とスマホ操作で慌ただしい春節を過ごした人もいたようです。

そもそも電子決済各社がそのシェアを広げていく過程で、紅包プレゼントキャンペーンなどを多く行っており、「抽選で〇〇元」とか「もれなく〇元」など電子マネーそのものをプレゼントされた人が多かったことなども、電子決算での紅包のやりとりへの抵抗感を軽減している要因です。


そのうち、中国の人が大好きな春節の爆竹や花火も、この流れに乗って電子化・ハイテク化していくかもしれませんね。


上海街角だより(バックナンバー)

2018.03.08
人もお金も動く春節
2018.01.29
上海の美容生活
2018.01.05
上海の飼い犬事情
2017.12.06
上海の麺料理
2017.11.07
現在の子供を取り巻く事情
2017.10.04
「網紅」見られる、発信することを意識した生活
2017.09.14
上海小売事情
2017.08.04
上海の動物たち
2017.07.10
上海飲料事情
2017.06.05
上海交通事情
2017.05.08
上海セキュリティ事情
2017.04.04
技術の進歩で消えていくもの
2017.03.14
カードレス社会を先取りする上海
2017.02.08
上海で増えているもの
2017.01.05
上海おさかな事情
2016.12.02
上海の人々とお酒
2016.11.08
上海建築事情
2016.10.13
昨今の上海住宅事情
2016.09.02
上海の街から消えていく商店
2016.08.02
上海生活とモバイル
2016.06.29
上海道路事情
2016.06.02
上海地下鉄案内
2016.05.09
上海市内の樹木
2016.04.01
上海の自動販売機
2016.02.03
上海の寒さ対策
2016.01.04
上海の個人商店
2015.12.02
年末商戦 in 上海
2015.11.02
上海で見かける中華風アレンジ
2015.09.29
観光地としての上海
2015.09.01
上海の中のヨーロッパ
2015.08.04
上海の道行く人々
2015.07.01
上海ビール事情
2015.05.26
上海流屋外ライフスタイル
2015.05.08
上海「お墓」事情
2015.03.27
花見シーズン到来
2015.03.04
美味しい? 美しい? 上海で見る羊
2015.01.29
先端と伝統の融合
2014.12.26
上海のMade in U.S.A
2014.12.01
上海不動産動向
2014.11.05
上海最新スポーツ事情
2014.09.29
上海老後事情
2014.09.02
レトロブランドの復権と自由貿易区
2014.07.24
上海水事情
2014.07.03
夏にそなえる上海
2014.05.30
カラフルな上海
2014.04.30
上海ペット事情
2014.03.28
家電の流行から見えてくる安全志向
2014.03.05
紅に包まれる上海
2014.01.17
ドライな上海
2013.12.24
暮らす安全、買う安心
2013.11.25
上海お一人さま事情
2013.10.24
上海の不動産賃貸事情
2013.09.18
上海早餐―上海の朝食
2013.08.28
上海の年中行事と食べ物
2013.07.30
上海「水」事情
2013.06.28
上海健康事情
2013.06.04
上海オタク事情
2013.04.30
上海草花事情
2013.03.25
上海最新地下事情
2013.03.04
上海で見かけるメイドインタイランド
2013.01.29
上海携帯電話事情
2013.01.04
地下鉄都市上海
2012.12.05
上海D.I.Y事情
2012.11.05
上海の冬支度
2012.09.28
上海の秋の味覚
2012.08.30
上海の月餅シーズン
2012.07.30
上海の夏のスイーツ
2012.07.02
アーバンリゾート上海
2012.05.22
上海の路地の今
2012.04.26
開発進む万博跡地
2012.04.02
電子化進む上海生活
中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。