上海街角だより

技術の進歩で消えていくもの

 上海の人たちは暖かくなると、日中、路地や歩道などに椅子やテーブルなどを出して昼寝やおしゃべり、トランプをして過ごします。そのため、籐の椅子や寝椅子には一定の需要があります。籐の椅子を大量に、まるでトラックのような大きさまで積んで運ぶリアカーや自転車は、何度見てもインパクトが強い光景です。


 ちょっとしたことでクラクションを鳴らす人が多い上海のドライバーですが、不思議とこうした超過積載のリアカーなどにはクラクションを鳴らす人が少ないようです。

 こうした運搬に使われる自転車は、荷台が大きな三輪タイプのものが多く、外見は古いままですが、電動化されているものが増え、見かけではわからない変化があります。


 今回はそうしたわかりづらい変化から、はっきりとわかる変化まで、特に技術の進歩に影響を受けている部分に注目して紹介していきます。


 中国といえば、古い自転車が大量に行き交う通勤風景が印象に残っている人も多いと思いますが、電動自転車や電動スクーターが増えています。しかし、いまだに自転車の利用者も多く、健康・スポーツ志向からウェアやヘルメット、グローブまできちんと揃えたスタイルで自転車に乗る人も見かけます。

 そんな中、技術の進歩で一気に主流に躍り出たのがスマホ認証によるレンタル自転車です。乗り降りの場所が自由という手軽さで多くの利用者を獲得していますが、最近では複数の企業がサービスを提供し、競争が激しくなっています。ビルや地下鉄駅近辺の駐輪スペースには、利用者ではなく、企業側が運んできた自転車を何台も駐輪していることが多くなっているようです。


写真

 写真はモバイルレンタルの電動自転車です。「電池の充電は?」など気になる点も多いサービスですが、利用者はかなり多く、あちこちの駐輪スペースに停まっていたり、乗っている人の姿をよく見かけます。中国の場合、電動のこうした乗り物は法律上自転車と同じ扱いですのでヘルメットなどもいりません。


 今後、こうしたレンタルサイクル企業のトラブルなども懸念されます。一般の利用者が停めるスペースが無いほど、ズラッとレンタルサイクルが停まっていることも珍しくありません。


 またそうしたレンタルに用いられる自転車は、メンテナンスフリーの要素が高いほうが好ましいため、空気チューブが無く、タイヤの側面に小さな穴をあけることでクッション性を高めた新しいタイプのチューブレスタイヤが用いられています。こうしたチューブレスが主流になると市内のあちこちにある自転車修理店にも影響が出てくるかもしれません。


 技術の進歩の影響を受けて、町中の風景で大きく変わった点といえば『PC房(ネットカフェ)』がほとんどなくなったことです。昔は若者が多い大学の周りや繁華街などでたくさん見かけましたが、今ではほとんど見かけなくなり、あったと思っても閉業したお店がそのまま放置されているだけだったりします。

 これはスマホの急速な普及が大きく影響しています。

 同様に影響を受けたのがゲームセンターです。

 日本のアミューズメント系企業も進出していましたが、既に何年も前に撤退しています。

 現在はスマホのソーシャルゲームが中国でのゲームの主流で、次いでパソコンのブラウザゲームです。携帯ゲーム機や家庭用ゲーム機などは小さな子どもかマニア向けとなり、中国におけるゲーム産業は完全にソーシャルゲームとブラウザゲームになっており、売上高で言えば国際的にも上位の大きな産業になりつつあります。


写真

 市内でネットカフェの減少とともに増えてきた喫茶店。旧・仏租界などではパブが昼に喫茶的なサービスを行うことはありましたが、一部の台湾系や日本系のお店を除くと純粋な喫茶店はほとんどありませんでした。昔は、コーヒーといえばインスタント、外では茶館での中国茶が主流でした。

 こうした喫茶店の中には小区の路地奥や、マンションの一室などもあり「よく商売が成り立つな」と思われますが、ネットの口コミや、こまめな情報発信でお客をしっかりとキャッチしています。


 また食事などもお店が出前をするのではなく、出前サイトで注文を受け、専門の業者が配達を行うサービスも急速に増えています。昼食時などは、間違って別の事務所に行ってしまったり、場所が分からなくてメモを片手に電話をかけている配達のアルバイトの姿もよく見かけます。

 現在の上海市内で一番せわしなくスクーターで移動しているのが、そうした出前の配達員です。

 市政府による居住区画の店舗化取り締まりの影響もあり、職場近辺にお店が無くなってしまう例もあることから、今後もこうしたサービスの需要は高まると思われます。


 大きな建物の変化だけでなく、こういったことにも注目すると、激しく変化する上海というものを実感できます。




上海街角だより(バックナンバー)

2017.04.04
技術の進歩で消えていくもの
2017.03.14
カードレス社会を先取りする上海
2017.02.08
上海で増えているもの
2017.01.05
上海おさかな事情
2016.12.02
上海の人々とお酒
2016.11.08
上海建築事情
2016.10.13
昨今の上海住宅事情
2016.09.02
上海の街から消えていく商店
2016.08.02
上海生活とモバイル
2016.06.29
上海道路事情
2016.06.02
上海地下鉄案内
2016.05.09
上海市内の樹木
2016.04.01
上海の自動販売機
2016.02.03
上海の寒さ対策
2016.01.04
上海の個人商店
2015.12.02
年末商戦 in 上海
2015.11.02
上海で見かける中華風アレンジ
2015.09.29
観光地としての上海
2015.09.01
上海の中のヨーロッパ
2015.08.04
上海の道行く人々
2015.07.01
上海ビール事情
2015.05.26
上海流屋外ライフスタイル
2015.05.08
上海「お墓」事情
2015.03.27
花見シーズン到来
2015.03.04
美味しい? 美しい? 上海で見る羊
2015.01.29
先端と伝統の融合
2014.12.26
上海のMade in U.S.A
2014.12.01
上海不動産動向
2014.11.05
上海最新スポーツ事情
2014.09.29
上海老後事情
2014.09.02
レトロブランドの復権と自由貿易区
2014.07.24
上海水事情
2014.07.03
夏にそなえる上海
2014.05.30
カラフルな上海
2014.04.30
上海ペット事情
2014.03.28
家電の流行から見えてくる安全志向
2014.03.05
紅に包まれる上海
2014.01.17
ドライな上海
2013.12.24
暮らす安全、買う安心
2013.11.25
上海お一人さま事情
2013.10.24
上海の不動産賃貸事情
2013.09.18
上海早餐―上海の朝食
2013.08.28
上海の年中行事と食べ物
2013.07.30
上海「水」事情
2013.06.28
上海健康事情
2013.06.04
上海オタク事情
2013.04.30
上海草花事情
2013.03.25
上海最新地下事情
2013.03.04
上海で見かけるメイドインタイランド
2013.01.29
上海携帯電話事情
2013.01.04
地下鉄都市上海
2012.12.05
上海D.I.Y事情
2012.11.05
上海の冬支度
2012.09.28
上海の秋の味覚
2012.08.30
上海の月餅シーズン
2012.07.30
上海の夏のスイーツ
2012.07.02
アーバンリゾート上海
2012.05.22
上海の路地の今
2012.04.26
開発進む万博跡地
2012.04.02
電子化進む上海生活
中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。