上海街角だより

電子化進む上海生活

 中国の人民元は100元紙幣が最高単位です。

 昔なら、地方等ではなかなかお目にかかれない高額紙幣でしたが、中国の経済発展と物価の上昇に伴いその相対価値は下がって、ちょっと値の張る品物を購入しようとするとかなり分厚い札束になってしまいます。しかしながら実際のところ、上海で暮らす人たちはそんなに分厚い札束を入れた財布を持ち歩いたりしていません(分厚い札束は銀行での入金、引きおろしの時くらいです)。

 では、どうしているのかというとコンビニ、スーパーからデパート、ブランドショップまで、カード類を使用して支払いに当てています。

 日本ではカードと言うと信販会社のクレジットカードですが、中国でもクレジットカードは存在するものの、その審査は厳しく簡単にはカードは作れません(まあ、外国人が中国国内で中国の銀行口座を利用したクレジットカードを作成するよりは簡単ですが)。


写真

 お店の入り口に国際的なクレジットカードと並んで貼られている銀聯のマーク。中国本土だけでなく、北米や欧州、日本でも見かけるようになってきた光景です。



 では、どういったものが使用されるかと言うと、一つは銀聨カード、これは日本でも、特に東京、大阪等や大手量販店等で使用可能になっていますが、銀行口座の金を使用できるデポジットカードです(銀聨もクレジットカードがありますが、信販会社ほどで無くても収入、税の支払、資産等の審査があります)。

 もう一つがプリペイドカード、チャージできるものとあらかじめ決まった金額しか使用出来ないものがありますが、こちらは日本のお財布携帯以上の頻度で使用されています。スーパーで牛乳一パックを購入するのにこういったカードを使用する室内着にサンダル姿の近所のおばちゃん等も珍しくない姿で、日本との違いは年輩の方もごく自然に日常的に使用しているという事です。


写真

 地下鉄駅やデパート等人通りの多い場所に設置された映画、演劇等のチケット購入機。各種カードによる支払いも可能です。インターネットでも同様のサービスがあり、若い人はスマートフォン等で気軽に予約等もしています。



 企業や商店等がプレゼントとして送ったり、個人向けにも贈答用として販売されている等、「人に貰ったから使っている」という人もいます(銀聯のプリペイドカードも存在します)。


 また、一般的な生活で重宝するものとして挙げられるのが交通カードです。

 これは上海市内のバス、タクシー、地下鉄、路面電車、リニアモーターカー等の交通機関で使用できるカードで、コンビニや地下鉄の駅等で気軽にチャージ出来ます。

 誰でも買えますので観光等でも地下鉄で行き先までの料金を調べたり、財布の中身を気にせずタクシーを使えたりと便利に使えます。


写真

 上海人必携の交通カード。行き先までの料金を調べずに地下鉄に乗ったり、細かいお金が無くてもタクシーの支払いの心配が無い等、少し長めの観光滞在等でも便利です。



 他にも地下鉄駅やデパート、コンビニなどでお店のボタンが幾つか並んだ機械の前でレシートの様な物をプリントアウトしている人を良く見かけますが、彼らが利用しているのがVELOカード、上海でもお店を紹介するクーポン付きのフリーペーパーは存在しますが、この電子版クーポンというべきVELOカードに完全に押されています。


写真

 地下鉄の駅に最近、登場した雑誌の自動販売機。一応は現金でも購入出来ますが、カードでの購入を行う人も多いです。



 こうしたお金代わりに使われるカードの他にも、医療、社会保険等の公的サービスの個人カードも電子化されていたり、企業の労働局への登記においても企業の電子カードが発行され、印章、サイン不要で手続可能になるなど、政務の電子化も進んでいます。

 日本ではあまり知られていませんが、対応する時間帯や日曜、祝・休日以外は開いている等、上海の役所関連は日本よりサービスが良いです。こうした電子化も政府の号令下の行動ではありますが、インターネットを利用してわざわざ何度も役所に足を運ばなくても申請書類の受け取りや証明関連の提示等の際のみに行けばいいなど、利用者の負担が減る改善策でもあります。


写真

 カード差込口の上にある表示。少し見づらいかもしれませんが「二代身分証感応区」という表示があります。これはICチップを組み込んだ身分証明書のセンサー反応エリアの印。こうした各種購入・サービス機械の他、新幹線の乗り降り等もかざすだけでOKです。



 個人の公的身分証明その他と、銀行関連の支払い等の一体化したカードの導入も進められており、決算、証明、購入一体化したペーパーレス、電子マネー化の生活がこれからの中国の普通の姿になります。


 日本が足踏みしている間に、思わぬ部分で中国に先に行かれているのが実情です。


中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。