上海街角だより

上海の夏のスイーツ

 上海も連日三十度以上の暑い天気が続いて、気温だけで言えば南国リゾート地の様な感じになっています。

 時折降る雨も、スコールの様な強く短い事が増えていて、余計南国の印象を持ちます。

 さて、今では一年中通してお店は出ていますが、やはり夏にこそ恋しくなるものが冷たく甘いデザート。

 上海の人たちも、こうしたデザートは大好きで、特に若い人たち、特に女性は人気のあるお店で行列を作ったりしています。

 今回は、こうした上海の冷たいデザートについて紹介したいと思います。

写真

 上海の繁華街やオフィス街などで良く見かける、定番的なタピオカ入りミルクティーを扱うドリンクスタンド。こうしたお店でもソフトクリームやスムージーなどは人気です。以前の不動産屋やファストフードの時にも触れましたが、上海の場合、似た傾向の店が連続して数件並んでいる事も珍しくありません。


 上海の場合、こうしたデザート類は、香港から入って来たもの、台湾からの進出、欧米ファストフード等のチェーンに大きく分けられます。

 例えば中国にも進出しているマクドナルドの場合、ソフトクリームやシェイクを中心にしたデザートの販売窓口やカウンターが、ハンバーガー等とは別に設けられている事も珍しくなく、上海におけるその需要の高さを示しています。


写真

 ファストフード店のスイーツ専用窓口。中国語でスイートステーションと書いてあります。「甜」が甘いという意味なので、この文字が含まれている看板を頼りにすれば中国語が読めなくても甘い食べ物にありつけます。



 街中で頻繁に見かけるドリンクとデザートメインのテイクアウト専門店は、香港系や台湾系が多いですが、最近ではヨーグルトや原材料直輸入のソフトクリームなど、欧米の流行をそのまま持ち込んだお店も珍しくはなくなっています。


 さて、こうしたデザートですが、内容として大きく分けるとフルーツ系、乳製品系、漢方系に大別されます。


 フルーツはマンゴー、ドリアン、パパイア等のトロピカルフルーツが人気で、特にマンゴーは専門のデザート店が出来る等、かなり高い人気を持っています。こうしたお店の他にも家庭での消費もかなりあり、街角には大抵果物の専門店(大抵ちょっとした飲み物やタバコも一緒に売っていますが)があり、スーパー等ではかなり珍しいトロピカルフルーツまで売られ、ドリアンや大き目の果物等では一部だけを切り分けたり、あらかじめカットした状態でパックされて販売されていますし、コンビニでもカットフルーツがカップに入れられて売られています。

写真

 上海では野菜は地域ごとの市場で扱われる為、八百屋はありませんが、果物を扱うお店が街角ごとにあり、飲み物、タバコ等も扱って、ちょっとしたご近所向けの雑貨屋の役割を果たしています。かなり痛んだもの等も普通に売っていたりするので、こうした場所で買い物をする場合は自分でしっかり確かめることが重要です。


 乳製品系は元々ソフトクリームなどは人気があり、日本でもおなじみのデイリークイーン等は市内各所で見かける事が出来ますが、最近では欧米からの流行がそのまま直輸入という形で北米で人気のフレッシュフルーツをふんだんに使ったお店Yogoが新天地に店舗を開いたり、デンマークのAndersen’s Icecreamが市内に店舗を展開したりしています。

 最後の漢方系ですが、色々な意味で有名なものは亀ゼリーでしょう。苦味と癖のある味を苦手とする人もいますが、食べやすくアレンジしたりするなど、特に美容に関心のある女性を中心に食されています。

 また仙草を用いたゼリーも美容効果と、色々な豆類やフルーツと組み合わせたアレンジなどで専門店まであります。

 他にも日本ではデザートという面では馴染みがありませんが、白キクラゲなどもデザートに用いられたりしていますし、甘いお粥を冷たくしたものなどもデザートとして食されています。

写真

 飲食店で提供されるだけでなく、コンビニ、スーパーなどでも普通に売られている亀ゼリー。昔は日本からわざわざ香港や台湾にこの亀ゼリーを食べに行く人も居たという話です。現在では日本の中華料理店や中国食材店、健康食品店、それにアマゾンなどでも購入出来ます。


 冷たい飲み物も人気ですが、以前から人気の高いタピオカ入りのミルクティーを追い上げる勢いで扱うお店が増えているのがスムージーを扱うお店です。

 カキ氷っぽいものから、シャーベットに近いものまで、スムージーと名乗っていても様々なものがあります。

 特にマンゴーや黒ゴマなど、素材を生かしたスムージーは、こうしたデザート類に目が肥えた日本の女性も絶賛するほど。もちろん、上海の若い女性にも人気で、こうしたスムージーやカキ氷を専門で扱う喫茶店もあり、冬でも行列の出来る人気店となっています。


 お年寄りが軒先に出した椅子の上でスイカをかじり、その周りをコンビニで買ったアイスを咥えた子供が遊び、それを横目で見つつカップルがテイクアウトのスムージーを飲みながら通り過ぎていく。


 

 上海の夏はデザートという面でも多彩になっているのです。


中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。