上海街角だより

上海草花事情

 「中国に来て一番良かったことは花粉症が出ない事」などと中国出向の社員の笑い話にされる様に、日本に比べると特に都会周辺の植物が少ない中国ですが、上海の中でも特に旧フランス租界では、街路樹、公園、住宅の中庭など意外に多くの緑を目にする事が出来ます。

 これからの季節等は特に、こうした街路樹の緑のトンネルで出来た静かな通りが、車通りの激しい道から一本ずれただけで現れたりして、散策には良い季節となってきます。


写真

 旧フランス租界エリアの名物とも言えるプラタナス並木。これからの季節は緑のトンネルを作り出し目を楽しませると共に、夏になれば木蔭を作って徒歩や自転車での移動にひと汗かいた人たちがほっと一息をつく場所ともなります。もちろん、秋は秋で落ち葉と枯れ葉が秋らしい風景を作る等、一年を通して目を楽しませてくれます。



 また、大学は浦東に出来た新しいキャンパスを含めて、多くの緑に囲まれています。

 上空からの写真で緑が目立つ所は、公園、植物園や動物園、それに大学です。

 日本で特に好まれる花を付ける樹木は桜ですが、中国では桃が特に好まれ、こうした学び舎だけでなく、少し大きな庭を持つマンションや、租界時代の雰囲気を残す大きな住宅、集合住宅の庭等にも植えられています。桜より後の季節に鮮やかなピンクの花を咲かせ、「あれ、こんな所にも桃が植えられていたのか」と花が咲いてから始めて気がつく事も。


写真

 今はシーズンオフですが、桃の花の季節となれば、市内のあちこちで桃の花を見る事が出来ます。公園や植物園等では沢山の桃が一斉に咲く風景等も見られます。



 動物園等でもかなり多くの木が植えられていて、案内図を良く見ないと見通しがきかずに目的地に着けないほどです。無機的な檻での展示の多い日本の動物園を見慣れた人には、動物との距離も含めて新鮮に映ります。


写真

 上海再開発の代表的建物であるオペラハウス。こうした大規模な建築物や、高層のビル等の周囲にも多くの木が植えられています。



 小区の中庭等では実益も兼ねているのか、枇杷や石榴など実が成る木が植えられている事もあり、分け前を人間が相談している間に野鳥につまみ食いされてしまったり等という笑い話も。窓の外や中庭にある洗濯を干す竿等が、蔓草や糸瓜などに占領されてしまい、仕方なく手近な木との間にロープを張ったりして、そこに洗濯ものを干したりなどというちょっと微笑ましい光景も見かけたりします。


 こうした植えられた草木とは別に花、花束や鉢植え等はマンションや集合住宅などで暮らす人の多い上海人に好まれ、そうした街の一角にお店を構えている所も多いのですが、そうした場所より更に花屋の比率が高いのは病院の側です。薬局、果物店と並んで入院設備を持つ病院の側には良く花屋があります。


写真

 綺麗に手入れされたホテルの庭の花。こうしたホテルやオフィスビルの側にも花が植えられ、中には季節ごとに旬の花を植え替えて、常に花が咲いている様にしている場所もあります。



 こうした店舗を構えた花屋や、上海でも特徴的で観光客等にも印象を残す花市場といった実店舗の強力なライバルとして最近登場したのがネット通販の花屋です。

 見本はHPの写真、注文もネット上と、「これで大丈夫かな」と少し不安にもかられますが、広い国土を持つ中国では冠婚葬祭などであってもかなり無理をしないと参列が難しかったり等しますので、ちょっとしたイベントでも手軽に離れた場所でも贈る事が出来るネット通販という形での花屋も需要があるのかもしれません。

 これから夏にかけて、上海では特に緑が色濃く見えるシーズンです。

 一般的な観光ルートから道一本離れて、そうした上海に接してみるのも面白いかもしれません。


中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。