上海街角だより

上海「水」事情

 連日四十度近い高温が続いている上海、少し外に出ただけで汗はびっしょり、喉も渇くという事で、シャワーや冷たい飲み物が欠かせないシーズンとなっています。

 また、公園やホテルの前などの噴水や池は、見た目に涼しげで、暑さにうんざりとする人々の癒しとなっています。

 今回は、そうした上海での暮らしの周りにある「水」について紹介します。


 まずは飲み水、上海に限らず、中国の都市部での日常的な光景である大量の水ボトルを積んだ自転車や電動自転車、家庭やオフィスの水サーバーへの配達で、チケット制です。

 オフィスビル等では毎日の様に一人で一つでも一抱えあるサイズの水を何個も運んで来ては交換で空の容器を回収している姿を見かけます。

 またマンションでもこうした水交換に来た業者の人間とエレベーターで乗り合わせる事や、上から途中の階のエレベーター入り口に置いて行く作業でエレベーターが下りてくるのを長々と待たされる羽目になるという事もあります。


写真

 家庭、オフィス等で一般的な水のサーバー。上海では写真の一抱えもあるサイズに対応した物が一般的ですが、これより小さなサイズの物もあります。一部では悪質な業者が問題になったりもしていますが、上海市民の飲み水として一番一般的なのがこのサーバーと、それに対応する水を宅配するというスタイルです。



 ミネラルウォーターはスーパーやコンビニなどで売られています。輸入品等の場合、ビールやジュースの類よりも高いのが普通で、その辺りにこだわるとかなりの出費となります。輸入品の場合は炭酸入りのものもありますが、一般的に売られているのは炭酸の入らない水です。


 最近では手頃なものから、工業用に近いレベルのものまで幅広い浄水器が販売されており、特に小さな子供の居る家庭等では、自分自身に関しては気にしない人でも、子供には安全なものをという事で浄水器を取り付け、料理や飲用に使用したり、中にはシャワーや洗顔等も浄水器を通した水を使用する人も居ます。

 こうした浄水器の変り種としては、水の自動販売機があります。

 これはマンションや小区などの入り口や建物側にある機械で、自前の容器を持ってきてセットし、浄水器で作られた水を購入するというものです。家庭に設置するには大き過ぎるタイプの浄水システムを使用し、定期的にフィルター等も交換されていますので、十分な効果が疑わしい簡易な浄水器よりもむしろ安全かもしれません。


写真

 日本でも見かける様な欧米のミネラルウォーターの場合、写真のサイズで20~35元程度と同サイズの清涼飲料水等に比べて4~5倍の価格で販売されています。それでも安全性や信頼性、味へのこだわり等で一定の需要があり、スーパー、コンビニ等でも普通に販売されています。



 全体に「乾いた」印象が強く、特に西部では砂漠から飛んでくる砂等で余計埃っぽかったりする中国ですが、上海の場合、海に近く、川を中心とした街である事から、周囲に水は多く見られます。


 公園やホテル等では噴水や池が多く見られ、一年を通して人々の目を楽しませていますが、やはりこの暑い季節が一番、目に涼しく、木蔭等に座り込んでこうした水のある風景を眺めて、五感で涼しさを楽しむ人が公園などで午後のひと時を過ごしたりしています。

 オープンテラスのカフェやレストラン等でもこうした池沿いの立地のものは多く、この季節、早い人は昼過ぎくらいから、こうした涼しい風景を楽しみながらビールを飲んだり食事を取ったり、ティータイムを過ごしたりしています。


 また、上海の郊外等は水郷として、市民にとって手近な観光地です。水路と橋で構成され、中心部の近代化された景色と比べると同じ上海ではあっても違う時代の様な気分にさせてくれます。水が多い事からビルが多くヒートアイランド状態の中心部から比べると涼しい事もあって、ちょっとした避暑にもなります。


 海に近いとは言え、土が大量に流れ込む事から常に濁った中国の川や、その川が流れ込んで来ることから青というより茶色に近い中国近海の印象から、日本人にとっては非常に意外な事ですが、上海には海水浴場があります。

 

 水質浄化の取り組みや、最新の技術の成果で普通に海水浴が楽しめる海があるのです。

 都市再開発された老碼頭等では、川沿いにプールと人工的なビーチで作られた擬似的な海水浴場などというものもあって、川越しに浦東の高層ビルが見える中、ビーチリゾートを楽しめ、各種イベントも良く行われる事から若者等の人気を集めています。


写真

 ホテル内の池にある噴水。この池に面して会食が楽しめるレストラン等もあります。上海で人気のレストランには、こうした水の側に建てられたお店が多く、上海の中心部を流れるこうした上海の水の総元締めとも言える黄浦江沿いの外灘、陸家嘴等は観光だけでなく、上海で人気の食の中心的なエリアでもあります。



 エリアによっては給水制限や、上水価格の上昇等に悩まされる事もある中国ですが、こと水にかけては上海は非常に恵まれているのです。


中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。