新着情報

【お知らせ】*ST上海永生データテクノロジー(900904.SS)の上場再開について

04.12.02

2001年から3年連続の赤字計上となったため、今年5月14日付で「上場停止」となった*ST上海永生データテクノロジー(900904.SS)は12月2日、上場再開申請が上海証券取引所に許可されたと発表した。今月13日付で同社のA株、B株が正式に取引再開する予定。

上場再開後、2004年財務報告を発表するまで、同株式は「*ST」銘柄扱い。上下5\%の値幅制限が設けられる。ただ、上場再開初日は、値幅制限がない。

同社は「上場停止」となった後、一連の資産リストラを行ったほか、各種コストを削減し、資金回収にも力入れ、財務情況のさらなる悪化を防いだ。今年中間決算で黒字転換を達成したため、積極的に上場再開の準備を行ってきたという。

※ 以上の内容は、同社が上海証券取引所のサイト上に掲載している公告文をもとに作成している。

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。