新着情報

サーキットブレーカーが再発動、中国本土上海A・B株、深センB株の売買が終了

16.01.07

CSI300指数(滬深300指数)の下落率が前日比で7%に達し、10時59分(日本時間)にサーキットブレーカーが再発動しました。これにより中国本土上海A・B株、深センB株の本日の取引は終了しました。

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。