新着情報

【中国糧油国際(0506.HK)の特別配当について】

07.03.27

 中国糧油国際(0506.HK)は中国糧油控股(0606.HK)のスピンオフ上場にともなう特別配当(権利落ち日2007年2月15日)を実施しましたが、これについては現金での受け取りになります。1株あたりの配当額は3.72HKドルで、諸費用を差し引いた入金額は3.6117851894HKドルとなります。

【経緯】
 今回の配当について、「最終株主が日本人を含む非居住者の場合は、現金での受け取りになる」と、先ごろ当社発注先から連絡がありました。ところが、もう1社の発注先からは、そのような連絡がなく、中国糧油控股の株式を受け取れるようでした。発注先によって対応はまちまちであり、「現金での受け取りになる」と連絡してきた発注先に再度確認しましたが、やはり「現金での受け取りしかできない」との回答でした。

 このため今回の配当について、当社のお客様は現金での受け取りになります。「現金での受け取りになる」と回答した当社発注先は、「最終株主が非居住者の場合は…」という文言をコンプライアンス(法令順守)の点から無視できず、こうした措置を取ったそうです。

【説明】
 香港上場株式には受取方法が選択できるものがあり、実際の受け取り方は、配当の発表後、一定の時間が経過しないと分からないものがあります。

 今回の配当に関する2007年2月13日の当社ホームページ記事「中国糧油国際(0506.HK)の特別配当実施スケジュール」で、配当内容を株式と表示したのは、この段階では株式で受け取るのか、現金で受け取るのかが不明であり、現金で受け取ることになった場合の金額も不明であることから、このように配当内容を表示せざるを得なかったためです(通常は株式で受け取れることが多い)。

 また、上記の記事でも参考としてあげた2007年2月9日付の当社ホームページ記事「中国糧油国際、中国糧油控股のスピンオフ上場で特別配当を実施へ」でも、「日本人を含む海外投資家については規制があるので注意が必要」と文中に書いているのは、そうした可能性を考慮してのものです。

 当社発注先によると、今回のように「最終株主が非居住者の場合は…」というような指示があるのは珍しいケースだそうです。

 中国糧油国際の特別配当については、各証券会社によって対応がまちまちですが、当社は発注先の意見と法令順守の姿勢に従い、現金での受け取りという対応としました。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。