新着情報

【銘柄名変更のお知らせ】アモイ燦坤実業(200512.SZ)

07.04.25

 アモイ燦坤実業(200512.SZ)は25日、2年連続の赤字となったため、同社A、B株に対し、26日から「*ST」(上場廃止の可能性が高い可能性を示す)特別処理が実施されると発表した。値幅制限が5%に縮小する。今後業績がさらに悪化した場合、上場一時停止、または上場廃止になる可能性もあるという。

 2005年、2006年の2年連続で赤字を計上した原因について、◇販売事業の撤退にともなう損失、◇原料価格の高騰、◇人民元高、◇アルミ工場の輸出販売による損失、◇販売方針の転換にともなう減損処理――などをあげている。

 「*ST」特別処理の解除を目標に、同社は以下の措置を打ち出している: 【1】自社生産を一部外注に切り替え、コストを削減する。2006年末に2億4000万元の損失を計上していたアルミ工場を売却。2007年も引き続き一部の部門、資産を処分する方針。

【2】管理を強化する。生産、販売、研究の一体化を通じ、運営効率や顧客満足度を向上させる。付加価値の高い製品の設計、製造、販売に注力する。コスト管理を強化する。

【3】財務構成を改善する。小型家電の生産などを手がけるショウ州燦坤実業有限公司に対し、主要株主3社と共同で1億2000万米ドルの追加出資を実施する。

【4】リスクコントロールを強化する。

【出所】深セン証取サイト上の公告(2007/04/25)

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。