新着情報

【上場廃止のお知らせ】成都托普科技(8135.HK)

07.05.17

 香港証券取引所は16日、成都托普科技(8135.HK)が2007年5月18日付で上場廃止となると発表した。同証取は2006年11月、2007年4月19日までの6カ月以内に、成都托普科技が上場再開に向けた有効なプランを提出しなければ、上場廃止とする方針を明らかにしていた。成都托普科技によるプランの提出がなかったため、香港証取は上場廃止を決定したという。

 なお、同社株は2004年4月19日から長期売買停止となっている。

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。