新着情報

【上場廃止のお知らせ】泰興光学集団(0389.HK)

07.07.06

 泰興光学集団(0389.HK)は5日、同社株が2007年7月9日付で上場廃止になると発表した。同社は2005年4月から売買停止となっており、売買停止の期間が26カ月を超えている。香港証券取引所は2006年12月、泰興光学集団が「上場廃止手続き」の第3段階に入ったと発表。2007年6月13日までに取引再開に関する有効な計画を提出できなければ、上場廃止にする方針を明らかにしていた。同社によるプランの提出がなかったため、香港証取は上場廃止を決定したという。

【出所】香港証取サイト上の公告(2007/07/05)

泰興光学集団、「上場廃止手続き」の第3段階に

香港証券取引所は14日、泰興光学集団(0389.HK)が同日付で「上場廃止手続き」の第3段階に入ったと発表した。それにより、2007年6月13日までに取引再開に関する有効な計画を提出できなければ、同社は上場廃止になる。

泰興光学集団は2005年4月18日から売買停止状態が続いており、「上場廃止手続き」の第2段階が終了した時点で、取引再開について有効な計画を提出していないため、香港証取が今回の措置を宣告したという。

【出所】香港証取サイト上の公告(2006/12/14)

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。