内藤証券

文字サイズ

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

【2月16日の中国本土市場】

2015.02.16 17:27

 主要指数はまちまち。上海市場はいずれも6日続伸し、上海総合指数が前営業日比0.57%高の3222.36ポイント、A株指数が0.57%高の3376.27ポイント、B株指数が0.26%高の294.81ポイント。深セン市場はA株指数が5日続伸し、1.95%高の1672.19ポイント。一方、B株指数は小反落し、0.30%安の1096.50ポイントだった。両市場の売買代金は先週末に比べ約4%減少し、概算で5323億元だった。「滬股通」(香港経由の上海A株投資)の売買代金はわずか3億2800万元の買い越しにとどまり、消化率は3%にすぎなかった。

 上海総合指数は寄り付きから先週末終値と3200ポイントの大台を挟んで一進一退だったが、小幅高で前場を終了。後場の中盤で上げ幅を広げ、本日の高値付近で引けた。上海市場は後場から通信、メディア、インターネットなどの銘柄が買われた。一方、主力の銀行株や証券株などが軟調だった。深セン市場も「創業板」のベンチャー企業株を中心に上昇が目立った。両市場いずれも上昇銘柄は全体の8割近くに上った。

 中国では今週水曜日に旧暦大晦日を迎えることから、新年に絡んだ娯楽・レジャー消費の関連銘柄が物色された。通信関連では中国聯合網絡通信(600050)がストップ高。メディアやインターネットでは、陝西広電網絡(600831)、吉視メディア(601929)、用友ネット(600588)、人民網(603000)がストップ高で引けた。小商品城(600415)がストップ高など、小売株も上昇が目立った。なお、中国本土市場は今週水曜日から休場となる。

 上海B株市場は7割の銘柄が上昇した。ここでも通信やITの関連銘柄が堅調。上海普天郵通科技(900930)が2.10%高、上海宝信ソフト(900926)が1.60%高、東方通信(900941)が1.17%高。レジャー関連の銘柄も買われ、上海錦江国際トラベル(900929)が1.64%高だった。深センB株市場は上昇銘柄が8割近くに上ったものの、下落銘柄に主力株が多く、深センB株指数は小幅安となった。長安汽車(200625)が下落率1位の3.90%安、江鈴自動車(200550)が0.26%安と、自動車株がそろって下落した。(中国部・千原)

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。