内藤証券

文字サイズ

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

長江流域に洪水発生の可能性、長雨で記録的水位

2016.04.25 10:10

 長江流域で洪水発生の可能性が高まっている。中下流域の水位は、大洪水が起きた1998年の同じ時期を超過。湖北省武漢市の漢口では、4月の過去最高水位を更新したという。

 長江水利委員会水文局によると、長江流域では4月上旬の降水量が、例年の同じ時期に比べて7割近く増加。うち上流では3割、中下流では8割も上回った。4月中旬も流域全体で7割の増加を記録。うち上流では8割、下流では6割も多かった。

 こうした豪雨や長雨を背景に、長江流域の流量も増大。4月に入ってから湖北省の宜昌市では例年の同じ時期に比べ7~8割も増加。武漢市の漢口でも4~6割も多かった。中下流域では全体的に、大洪水が起きた1998年の同じ時期よりも多いという。

 漢口の水位は4月23日11時(日本時間)に22.28メートルに達し、4月の最高記録である1981年の22.26メートルを突破。漢口の水位は今後数日も上昇が続く見込み。

 こうした状況を受け、長江の洪水や干ばつの対策を指揮する「長江防ジン抗旱総指揮部」は22日に今年最初の全体会議を開いた。それによると、22日9時時点で三峡ダムの貯水容量は約123億立方メートル残っている。このほか上流には10基あまりのダムがあり、合計の貯水容量は約24億立方メートル残っているという。

 だが、今後1~3日に長江と接続する洞庭湖などは豪雨を迎える見通し。今後も水位の上昇が見込まれる。

 1998年に起きた長江の大洪水では、2億2300万人が被災し、3004人が死亡。直接的な経済損失は1660億元に達した。
 
【出所】新華網(2016/04/24)
    「明報」(2016/04/25)

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。