内藤証券

文字サイズ

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

【4月27日の香港市場】

2016.04.27 18:39

 主要指数はハンセン指数が前日比0.21%安の2万1361.60ポイントと小幅に反落したほか、レッドチップ指数は4日続落し、0.38%安の3812.36ポイントだった。一方でH株指数は小幅に続伸し、0.23%高の9037.48ポイント。メインボードの売買代金は前日比で約13%減少し、概算で549億600万HKドルだった。「港股通」(上海経由の香港株投資)は3億1000万元の買い越しだった。

 米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えてリスク回避の動きが広がり、本日の香港市場では引き続き利益確定の動きに押され気味だった。一部企業の1-3月期決算が振るわず、これも地合いを悪くした。ハンセン、レッドチップの両指数は概ねマイナス圏で低迷。下げ幅は限られたが、レッドチップ指数は一時、節目の3800ポイントを割り込む場面がみられた。一方のH株指数は資源・金融の大型株が支えになり、もみ合いつつも9000ポイントを維持してプラス引けした。

 米IT大手のアップル社が発表した1-3月期決算は13年ぶりの減収。主力製品である「iPhone」の販売台数は初めて減少に転じた。これがネガティブサプライズになり、香港市場でもIT関連の銘柄が軟調。アップル社を大口顧客とする瑞声科技(02018)が2.54%安に沈んだほか、テンセント(00700)が1.42%安、聯想集団(00992)が1.39%安。大手投資銀行が厳しい見通しを示した電力セクターも売りが目立った。華電国際電力(01071)が2.44%安、華潤電力控股(00836)が1.04%安。また、香港地場系の銘柄がさえない。香港ドルの発行銀行でもある中銀香港(02388)は1-3月期の経常利益が落ち込み、3.05%安。恒隆地産(00101)が2.36%安、九龍倉集団(00004)が1.83%安、信和置業(00083)が1.60%安など、デベロッパー大手も軟調だった。

 一方で中国政府が約半年ぶりに石油製品価格の引き上げを決定。これを好感し、石油大手の中国石油天然気(00857)が3.38%高と物色され、ハンセン指数構成銘柄の上昇率1位になった。金属株に押し目買いが入り、中国アルミ(02600)が3.06%高、招金砿業(01818)が2.96%高、馬鞍山鋼鉄(00323)が1.78%高、悦達砿業(00629)が1.49%高。また、保険大手の平安保険(02318)は1-3月期で増益を確保したことが好感され、1.08%高と堅調だった。

 個別では衛星テレビ大手の鳳凰衛視(02008)が3.42%高。携帯最大手の中国移動(00941)と合意した屋外広告契約が買い材料になった。一方、電池メーカーの天能動力(00819)が6.97%安。一部報道で粉飾決算の疑いが伝わっていたが、同社は本日売買を再開してこれを強く否定。それでも投資家の不安は払しょくできず、寄り付きから見切り売りに押された。(中国部・畦田)

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。