内藤証券

文字サイズ

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

洛陽欒川、コンゴ民主共和国の銅・コバルト鉱山を買収へ

2016.05.10 13:25

 洛陽欒川(03993.HK)は9日、米国の鉱業大手であるフリーポート・マクモラン社(ニューヨーク証券取引所上場)からコンゴ民主共和国テンケにある銅・コバルト鉱山の権益56%を買収すると発表した。買収額は26億5000万米ドルに上り、すべて現金で支払う予定。さらに2019年までの1ポンドあたりの平均価格が銅で3.5米ドル、コバルトで20米ドルを超えた場合、追加で1億2000万米ドルを支払うという。洛陽欒川は手元資金と借入で賄う予定であり、2016年10-12月期の取引完了を目指すとしている。巨額買収を通じて洛陽欒川は世界クラスの銅・コバルト生産企業となる見通し。事業・地域構成の多様化につながるほか、電気自動車の普及を背景としたコバルト需要の拡大による恩恵を受けることができるという。

 テンケ鉱山は世界有数の銅・コバルト鉱山であり、2015年の年産量は銅鉱石が20万4000トン、コバルト鉱石が1万6000トン、同年の売上高は13億8400万米ドルに上る。2015年末時点の推定埋蔵量は銅が1160万トン、コバルトが130万トンとされる。

 このほか、洛陽欒川はフリーポート・マクモラン社から、フィンランドのコバルト精錬施設を1億米ドル、コンゴの別の鉱山を5000万米ドルで優先的に買収できる権利を獲得しており、2016年末までに正式契約を交わす見通し。

 なお、同社H株は2016年5月9日14時(日本時間)、A株は2016年4月28日から売買を停止している。
 
【出所】香港証取サイト上の公告(2016/05/09)

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。