内藤証券

文字サイズ

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

【5月12日の香港市場】

2016.05.12 18:18

 主要指数はいずれも小幅に続落した。ハンセン指数は前日比0.69%安の1万9915.46ポイント、H株指数は0.35%安の8413.72ポイント。レッドチップ指数は3日続落し、0.006%安の3534.33ポイント。メインボードの売買代金は前日比で約9%減少し、概算で539億100万HKドル。なお、「港股通」(上海経由の香港株投資)は7億8300万元の買い越しだった。

 足元の調整の反動もあり、ハンセン指数は小高く寄り付いた。だが、上海A株の大幅調整を受け、ハンセン指数も直後に2万ポイントの大台を割り込み下げに転じると、その後は大台を回復できず、軟調な値動きだった。終値ベースでの大台割れは約2カ月ぶり。主要企業の決算下振れを受けて前日の米国株市場が反落するなど、外部環境の悪化が重しになった。また、週明けに中国共産党機関紙『人民日報』に掲載された中国経済の「L字型トレンド」と構造改革優先で安易な景気対策を否定する論文をめぐり、政府筋からこれを支持する声が出てきており、政策期待の後退と景気低迷の長期化が警戒された。
 
 昨日に続いて機械・設備セクターが全般的にさえない。上場規則違反の疑いで当局が調査中の瀋機集団昆明機床(00300)には引き続きろうばい売りが膨らみ、7.11%安と大幅に続落。建機大手の中聯重科(01157)は後場で下げ幅を広げ、4.66%安に沈んだ。また、建設大手の中国建築国際(03311)は建築部門の受注減少が嫌気され、9.13%安と急落。ITセクターが概ね軟調で、ソフト会社の博雅互動(00434)は当局による経営トップへの調査開始が伝えられ、14.73%安と売り込まれた。

 また、香港地場系では大手財閥「長江集団」の傘下企業が低迷。電能実業(00006)は中間期の特別配当を見送る考えを明らかにし、ハンセン指数構成銘柄の下落率1位となる2.66%安に沈んだ。中核企業の長江和記(00001)は英国携帯電話事業での買収・統合計画を欧州当局が退けたことを受け、0.91%安で引けた。

 一方で原油相場の上昇を追い風に、崑崙能源(00135)が2.64%高でハンセン指数構成銘柄の上昇率1位。中国海洋石油(00883)が1.11%高、中国石油天然気(00857)が0.75%高と、石油株が堅調だった。また、小型音響部品大手の瑞声科技(02018)は1-3月期で引き続き増収増益を確保したことから、2.76%高としっかり。(中国部・畦田)

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。