内藤証券

文字サイズ

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

【5月30日の中国本土市場】

2016.05.30 17:32

 主要指数は上海A株が小幅に反発した一方、その他はいずれも僅差で下落した。上海市場は上海総合指数が前営業日比0.04%高の2822.45ポイント、A株指数が0.05%高の2954.31ポイントだったが、B株指数は0.51%安の334.57ポイントと小幅に反落した。深セン市場はA株指数が0.45%安の1881.60ポイントと続落し、B株指数は0.07%安の1045.54ポイントと反落した。両市場の売買代金(速報値)は先週末に比べ約12%減少。概算で3335億元にとどまり、今年3月11日以来の低水準だった。一方で「滬股通」(香港経由の上海A株投資)の買越額は29億8500万元に急増した。

 週明けの本土市場は引き続き軟調な地合いだった。上海総合指数は朝方に下値の2800ポイントを割る場面もあり、その後は前引けにかけてプラス圏を回復し、後場は先週末の終値付近で一進一退だった。米国の利上げ観測の高まりにより、本日の人民元の対米ドルレートは大幅に下落。これが資本流出の警戒感を強め、個人投資家のマインドを冷やした。また、証券当局が「全国中小企業株式譲渡システム」(NEEQ、新三板)に関して、「創新」と「基礎」の二層に分けた市場制度に変更すると発表。これによる新三板への投資マネーの流出が警戒され、広く需給懸念が意識された。一方で先週までに上海総合指数は6週連続で下落しており、鮮明な値ごろ感に基づく押し目買いもみられた。

 両市場全体で値上がり銘柄は3割にも満たなかった。急騰気味の豚肉価格について、政府が将来の下落リスクに言及。これを受け、遼寧禾豊牧業(603609)が4.79%安、新五豊【売付のみ】(600975)が4.51%安、上海梅林(600073)が3.22%安など、食肉セクターが値下がりした。人民元安が嫌気され、中国国際航空'A'(601111)が2.58%安、中国東方航空'A'(600115)が2.40%安、中国南方航空'A'(600029)が2.09%安など、航空株が軒並み下落。人民元安と原油高による輸送コストの拡大が警戒され、中国遠洋控股'A'(601919)が1.16%安、中海発展'A'(600026)が1.15%安と、海運大手もさえない。また、不動産引き締め策の強化が織り込まれ、不動産株が軟調。上海金橋輸出加工区開発'A'(600639)は8.69%安に沈んだ。

 一方、今後3年で重要交通インフラ整備に向けられる投資総額は約4.7兆元に達すると、国営新華社通信が伝えた。これを手がかりに、インフラ建設株が堅調。竜元建設(600491)が4.71%高、中国鉄建'A'(601186)が2.38%高で引けた。

 B株市場はA株に連れ安し、幅広い銘柄が値下がりした。一方で人民元安の恩恵を見込み、輸出比率が高い繊維・アパレル株が上昇。上海B株では上海三毛企業(900922)が4.00%高、上海開開実業(900943)が1.68%高で、上昇率1、2位を占めた。深センB株では電子メーカーの東旭光電科技(200413)が上昇率3位の1.42%高。ハイテク素材のグラフェンで複数の企業と提携を結び、基金を共同設立する計画が材料視された。(中国部・畦田)

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。