内藤証券

文字サイズ

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

黄石東貝電器、実質支配者が交代へ

2016.06.09 11:51

 黄石東貝電器(900956.SS)は9日、楊百昌・前董事長、朱金明・董事長を含む個人44人が設立したパートナーシップ企業が、新たな実質支配者となる計画を明らかにした。同パートナーシップ企業の支配下にある黄石東貝冷機実業有限公司(冷機実業)が、黄石東貝電器の親会社である黄石東貝機電集団有限責任公司(東貝集団)の出資持分39.14%を取得する予定。これにより、冷機実業は東貝集団の出資持分53.92%と、黄石東貝電器の株式50.04%を実質保有することになる。

 新たな実質筆頭株主となる冷機実業は、未保有の黄石東貝電器の流通株に対し、マンダトリー・オファー(義務的公開買付)を実施する見通し。1株あたりの提示価格は1.723米ドルで、直近30営業日の平均終値を上回る。公開買付の期間は30営業日で、発効には株主総会や監督当局の承認など複数の条件が設定されている。スケジュールはあらためて開示するという。

 冷機実業は黄石東貝電器の上場を継続する方針。公開買付後に浮動株比率が上場規則の下限(25%)を下回った場合、黄石東貝電器は回復に向けたプランを発表する必要がある。上海証券取引所が同意した場合、同社株は一旦「*ST」特別処理(上場廃止の可能性が高いことを示す特別処理)に指定され、その後6カ月以内に回復できなければ、そのまま上場廃止となる可能性もあるという。

 なお、買付者の冷機実業は浮動株比率の回復に向け最大限協力するほか、仮に上場廃止が決まった場合、未保有株を公開買付の価格で買い取ることを約束している。

 今回の情報開示のため、同社株は2016年3月15日に売買停止となったが、2016年6月13日に取引を再開する予定。
 
【出所】上海証取サイト上の公告(2016/06/09)

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。