内藤証券

文字サイズ

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

【6月21日の中国本土市場】

2016.06.21 17:32

 主要指数はそろって値下がり。上海市場は上海総合指数が前日比0.35%安の2878.55ポイント、A株指数が0.35%安の3013.08ポイントと、3日ぶりに小反落。B株指数は小幅に続落し、0.14%安の340.23ポイント。深セン市場はA株指数が3日ぶりに反落し、1.02%安の1976.94ポイント。B株指数は小幅に続落し、0.09%安の1068.18ポイントだった。両市場の売買代金は先週末に比べ約19%増加し、概算で5928億元。「滬股通」(香港経由の上海A株投資)は1億8500万元の買い越しだった。

 上海総合指数は朝方から2900ポイントの大台を挟んで小動き。前場の中盤で本日の高値を付けた後から、徐々に上げ幅が縮小。後場の中盤で下げに転じた後は、前日終値を挟んで一進一退となったが、終盤で売りに押された。上海市場と深セン市場のいずれも全体の7割近くの銘柄が下落した。

 英国のEU(欧州連合)離脱をめぐる懸念が後退し、外部環境が好転した。リスク回避の動きが緩み、金が下落した一方、原油が上昇。人民元の先安感も緩和した。こうしたなか李克強首相が一部の銀行を視察したほか、金融システム座談会を主催。これまで銀行を視察した後に、大きな政策が出ることが多かったことから、関連銘柄が動意づいた。中国銀行業監督管理委員会の関係者からも、民間資本の銀行参入を進める考えが示された。

 上海A株市場では銀行株が総じて小幅高。李克強首相の銀行視察が手がかりとなったもようだ。証券株も軒並み上昇した。個別の材料があった銘柄では、上海金橋輸出加工区開発'A'(600639)がストップ高となり、前場で取引を終了。上海市での電気自動車(EV)工場の建設をめぐり、親会社が米テスラと覚書を交わしたことが報道され、これが材料視された。

 上海B株市場は下落銘柄の方がわずかに多かった。こうしたなか上海金橋輸出加工区開発(900911)がA株に追随するかたちで上昇率1位の7.33%高。一方、上海ディズニー関連の中路(900915)が続落し、下落率1位の2.37%安だった。深センB株市場は全体の5割の銘柄が下落した。(中国部・千原)

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。