内藤証券

文字サイズ

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

【6月24日の中国本土市場】

2016.06.24 17:33

 主要指数はいずれも続落。上海市場は上海総合指数が前日比1.30%安の2854.28ポイント、A株指数が1.30%安の2987.57ポイント、B株指数が0.74%安の339.99ポイント。深セン市場はA株指数が0.76%安の1988.38ポイント、B株指数が0.64%安の1068.10ポイントだった。両市場の売買代金は前日に比べ約24%増加し、概算で6469億元。「滬股通」(香港経由の上海A株投資)は売り越しに転じ、売越額は18億2200万元だった。

 英国のEU(欧州連合)離脱が決まり、世界の金融市場が混乱するなか、外国人投資家がほとんどいない中国本土の株式市場は、他の市場に比べ下げ幅は限定的だった。上海総合指数は小安く寄り付き、朝方は上げに転じる場面もあった。EU離脱派の優勢が伝わり、東京市場や香港市場が大きく下げると、上海市場の地合いも悪化。徐々に下げ幅を広げ、後場寄りでは前日比で2.91%安となり、2800ポイント割れが意識された。だが、その後は後場の中盤まで下げ幅を縮小。2800ポイント台の中盤まで戻した。上海市場の下落銘柄は全体の8割近くに達した。深セン市場は全体の6割半の銘柄が下落した。両市場の売買代金は、今月3日以来の6000億元超えとなった。

 英国のEU離脱を受け、アジア域内の株価が急落。安全資産とされる金や日本円が買われた。こうしたなか人民元の対米ドルレートはオフショア(CNH)とオンショア(CNY)のいずれも急落。中国の外貨準備高に占めるユーロやポンドも大きく減価したと推測されることから、人民元の買い支えが難しくなるとの見方が強まったもようだ。急速な人民元安による損失を避けようと、中国本土への投資を引き上げようとする動きが強まり、「滬股通」が売り越しとなったほか、「港股通」(上海経由の香港株投資)は大幅な買い越しとなり、香港への資金流出が加速した。

 上海A株市場では産金株が買われ、西部黄金(601069)、山東ゴールド(600547)、赤峰黄金(600988)、中金ゴールド(600489)がストップ高だったほか、紫金砿業'A'(601899)が7.33%高。金製品販売の老鳳祥'A'(600612)も7.89%高だった。史上初のEU離脱国の誕生が決まり、リスク回避から金価格が上昇したことを好感した。主力銘柄では銀行株、石油株などが売られ、相場の重荷となった。

 上海B株市場の下落銘柄は全体の8割半に達した。なかでもA株を上場していない純粋B株の下げが大きかった。こうしたなか老鳳祥(900905)が上昇率1位の2.96%高だった。深センB株市場は全体の6割あまりの銘柄が下落した。(中国部・千原)

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。