内藤証券

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

【5月17日の香港市場】

2018.05.17 18:15

 主要指数は3日続落。ハンセン指数は前日比0.54%安の3万942.15ポイント、中国企業指数(旧H株指数)が1.29%安の1万2278.43ポイントだった。メインボードの売買代金は昨日に比べ約11%増加し、概算で1112億9900万HKドル。「港股通」(本土からの香港株投資)は上海経由が売り越しに転じ、売越額は2億9900万元。深セン経由は2億7600万元の買い越しだった(注文ベース:買注文と売約定の差)。

 ニューヨーク市場はダウ平均が反発。前日に9日ぶりに下落したことを受け、押し目買いが入った。外部環境の好転を背景に、香港の主要指数は高く寄り付いたが、米長期金利の上昇を嫌気し、すぐに下げに転じた。ハンセン指数は一部の大型株に支えられ、前場の中盤から後場の序盤にかけて、前日終値を挟み一進一退。本土系銘柄が一段安となったことが影響し、後場の中盤からはマイナス圏での値動きに終始した。中国企業指数は朝方からマイナス圏で推移。両指数はいずれもクロージング・オークション・セッション(CAS)でさらに下落し、安値引けした。ハンセン指数の終値は、5日ぶりに節目の3万1000ポイントを割り込んだ。

 ハンセン指数の構成銘柄では、18年1-3月期決算が市場予想を大幅に上回ったテンセント(00700)が、上昇率1位の3.73%高。時価総額が大きいことから、ハンセン指数の下落率縮小に貢献した。オンラインゲーム事業が大方の予想を超える増収となり、目標株価を引き上げる動きが広がった。

 恒安国際(01044)は上昇率2位の1.51%高。先ごろ発表したフィンランドのパルプ工場買収について、長期的な成長の助けになると説明。パルプ価格の高止まりが予想されるなか、必要なパルプの30%を同工場から確保できると強調し、これが材料視されたもようだ。また、昨日は下落率3位に沈んだサンズチャイナ(01928)が反発し、本日は上昇率2位の1.51%高だった。

 一方、中国工商銀行(01398)は1.88%安。マネーロンダリング(資金洗浄)に対する監視が不足しているという米当局からの指摘を受け、これを否定しながらも、616万米ドルを支払うことで和解が成立。米トランプ政権が中国企業に対する圧力を強めるなか、ほかの中国本土系の銀行に飛び火することが警戒され、中国建設銀行(00939)が1.68%安、中国銀行(03988)が1.17%安と連れ安した。米長期金利の上昇を受け、香港ドル売りと米ドル買いが進展。香港金融管理局(HKMA)が市場介入を実施し、香港からのマネー流出が警戒され、香港地場系を中心に幅広い銘柄が売られた。

 そのほかの銘柄では、香港医思医療集団(02138)が61.72%高。テンセント傘下の企鵝医生と提携すると発表し、これが買い材料となった。年内に香港で企鵝医生の診療所2カ所を開設し、2~3年内にはさらに18カ所を設ける方針という。一時は上昇率が84.63%に達した。(中国部・千原)
 
ツイート

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。