内藤証券

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

【6月14日の中国本土市場】

2018.06.14 17:21

 主要指数は小幅に続落。上海市場は上海総合指数が前日比0.18%安の3044.15ポイント、B株指数が0.11%安の307.61ポイント。深セン市場は深セン成分指数が0.76%安の1万84.18ポイント、B株指数が0.13%安の1127.30ポイントだった。両市場の売買代金は前日比で約7%減少し、概算で3174億元。なお、買越額は「滬股通」(香港経由の上海A株投資)が19億3100万元、「深股通」(香港経由の深センA株投資)が9億9300万元にそれぞれ増加した(注文ベース:買注文と売約定の差)。

 本土市場は神経質な地合いに終始。上海総合、深セン成分の両指数は前場で上げに転じる場面もみられたが、概ねマイナス圏でのもみ合いが続いた。本日未明に米連邦公開市場委員会(FOMC)は今年2回目の利上げに踏み切り、年内にあと2回実施する見通しを発表。米国の利上げ加速による資本流出の懸念が燻り、A株市場の地合いを重くした。市場予想を下回る5月の中国の主要統計、米国による制裁関税発動の観測なども悪材料視された。もっとも、上海総合指数の3000ポイント割れが意識されると、割安感から押し目を買う動きもみられ、指数の下げ幅は限られた。

 両市場全体で約1900の銘柄が下落。引き続き米国要因からハイテク大手の中興通訊'A'(000063)がストップ安に沈んだ。先ごろ上場して急騰が続いた工業富聯(601138)も本日は急反落し、両銘柄の大幅安が全体の地合いを悪くした。米ドルの先高感が国際商品相場の先安感につながり、非鉄セクターが概ね軟調。華友鈷業(603799)が3.00%安、紫金砿業'A'(601899)が1.25%安に沈んだ。国務院が医薬品の輸入関税のさらなる引き下げを示唆し、競争激化懸念から通化東宝薬業(600867)が3.22%安、広州白雲山医薬'A'(600332)が2.95%安など、医薬セクターがさえない。

 一方で約1300銘柄が上昇。国内の業界再編の進展が好感され、凌源鋼鉄(600231)が9.09%高、北京首鋼(000959)が4.10%高、河鋼(000709)が2.89%高など、鉄鋼株の上昇が目立った。金利上昇の観測を背景に保険株が物色された。太平洋保険'A'(601601)が3.00%高、新華人寿保険'A'(601336)が1.51%高。1-5月の保険料収入を明らかにした中国人寿保険'A'(601628)は0.36%高だった。

 なお、上海B株の値上がり銘柄は約3割に過ぎなかったが、大型株が総じて堅調で指数の下げ幅を縮めた。深センB株は値上がり・値下がり数が拮抗。家電株の無錫小天鵝(200418)が下落率1位の2.33%安に沈み、指数もわずかに下げた。(中国部・畦田)
 
ツイート

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。