中国株 政策ニュース

預金準備率再引き上げ、金融政策の変更ではない=人民銀

10.02.15

 中国人民銀行(中央銀行)は前週末、大方の予想より早いタイミングでの預金準備率の再引き上げに踏み切った。13日付『香港経済日報』によれば、人民銀関係者は昨年の緊急時の政策運営を平常時に戻すもので、「適度に緩和的な金融政策」の変更を意味するものではないとの見方を強調した。

 人民銀は12日夕、今月25日付で市中銀行の預金準備率を0.5%引き上げると発表。引き上げは、今年に入って1月18日に続いて2回目となる。これに伴い、大型銀行の預金準備率は16.5%、中小銀行は14.5%に上昇する。今回の預金準備率引き上げによる余剰資金の吸収効果は約3000億元が見込まれるという。
・・・続く。


【出所】T&Cフィナンシャルリサーチ(2010/02/15)