資産運用アドバイザーとして10年。現在では約700名の登録顧客を抱えるまでに拡大しました。その金融資産額を合計すると、半端な数字ではありませんから、責任の重さはひしひしと感じています。
4年前には中国視察研修に参加。上海でさまざまな中国上場企業の社長に会い、ビジネスやマーケットについて懇談。ネットや資料で見るのとは違う、実際の生の声を聞くことができて大変刺激を受けました。この中国視察研修での体験は、今でも自分の営業場面に大いに役立っていることは言うまでもありません。ちなみに中国では、内藤証券は日本のどの大手証券会社より知名度は高いですよ。
お客様がどんなに増えても、それぞれのお客様のニーズは千差万別であり、一人として同じものはありません。多種多様な商品の中からお客様に合った商品をお選びし提案するという、営業の基本スタンスは昔も今も変わりません。長年この業界にいると、自分なりの法則みたいなものを持っていて、お客様のニーズや要望を忘れて、ついついそれが絶対だと思い込みがちになります。お客様に対していつも謙虚に、素直に…それが私の変わらぬポリシーですね。
内藤証券では、自分のやりたいようにやる、が基本。この銘柄を売れとか、このファンドを販売しろということはありません。だから、自分が提案し、お客様に投資していただいた商品が好パフォーマンスとなり、お客様が満足していただいた時は、本当に「やりがい」を実感します。
時には苦しいこともありますが、大きな達成感を味わうことができます。さらに、自分の頑張りが、必ず成果となって数字に表れる仕事です。「証券業に興味がある。やってみたい」その気持ちだけでOK。知識は教育がしっかりしているので、入社してからでも十分に身に付けられます。そして何より、良い意味でフレンドリーで切磋琢磨できる雰囲気が大きな魅力です。
内藤証券で一緒に仕事しませんか!そして内藤証券を世界の証券会社に発展させましょう!