取引方法・ルール

申込時のご注意事項

投資に際しては事前に「目論見書」をご覧いただき、十分に商品内容やリスク等を確認してください。
「目論見書」をご覧にならない場合、投資信託の注文をお受けすることはできません。
取引画面の [投資信託]をクリックすると→[買付注文ー銘柄選択]の画面が現れます。該当銘柄の[確認]ボタンから目論見書を確認してください。

投資信託の基準価額は、ファンドに組み入れられている有価証券等による影響を受けますが(外貨建て資産には為替変動もあります)、これらの運用による損益はすべてお客様へ帰属します。したがって、元本が保証されているものではなく、一定の投資成果を保証するものでもありません。

投資信託はパソコンからのみ注文できます。スマートフォン、携帯電話からの注文はお受けできません。

弊社では、日本証券業協会の協会員である金融商品取引業者(証券会社等)及び特別会員である金融商品取引業者(銀行、保険会社等(グループ会社含む))にお勤めのお客様は一部の投資信託(ブルベア型等)、投機的売買と認められる商品のお取引をしていただくことはできません。(協会員及び特別会員の売買について
万一、協会員及び特別会員である金融商品取引業者にお勤めのお客様が投機的売買と認められる商品のお取引をされた場合は、当該投資信託を速やかに売却していただくこととなります。

注文の締切時間

投資信託は、各銘柄ごとに「注文受付締切時間」があります。この締切時間の前に発注した注文は当日の注文として取扱われますが、締切時間を過ぎて注文を発注した場合や、休日に発注した場合は、翌営業日の受付として取扱われます。
なお、海外市場運用銘柄は、現地海外市場が休日の場合には、翌営業日の注文受付となります。

投資信託の約定日・約定価額

通常、締め切り時間までに発注された国内型の投資信託は、発注日当日が約定日となり、海外型の投資信託は、発注日の翌営業日が約定日となります。約定価額は約定日の翌営業日に発表されます。

約定日は投資信託ごとに設定されており、例外があります。必ず各目論見書および注文発注画面にて発注日・約定日・受渡日をご確認の上、発注してください。

締め切り時間を過ぎて発注された場合は、発注日が翌営業日の扱いとなりますのでご注意ください。