新着情報

【国内株】2009年3月末決算銘柄のお取引等に関するご案内

2009年3月末決算銘柄などの権利付銘柄のお取引・諸手続きにご注意ください。

権利付最終売買日・権利落日

2009年3月末権利付銘柄の権利付最終売買日は3月25日(水)、権利落日は3月26日(木)です。 権利付最終売買日である3月25日(水)から権利落日の3月26日(木)に日を跨いで権利付銘柄を約定日ベースで保有されている場合、株主としての権利が確定します。

「週末まで」注文について

2009年3月末を決算とする銘柄の権利付き最終売買日は3月25日(水)となります。3月19日(木)16:00~3月25日(水)15:10に発注される有効期限を「週末まで」と指定しても注文の有効期限は、3月25日(水)となりますのでご注意ください。

なお、3月末に決算が到来しない銘柄の注文の有効期限を「週末まで」とした場合については、通常通り3月27日(金)が注文の有効期限となります。

(例)3月末に決算が到来する銘柄の場合
注文期限が短縮された場合の画面イメージ
注文期限が短縮された場合の画面イメージ

注文期限が短縮される場合は注文確認画面上部に、注文期限が短縮されたメッセージが表示されます。

注文期限が短縮される場合は、注文確認画面の「注文期限」に短縮された注文期限日付が表示されます。

権利落日(3/26)の取引について

権利付銘柄の権利落日(3/26)の売買は、権利付以外の銘柄とは受渡日が異なります。 権利付銘柄の3月26日(木)の売買の受渡日は5営業日目となり、権利付銘柄以外は4営業日目(通常の売買と同じ)となります。

このため、3月26日(木)は権利付銘柄の売却代金を権利付銘柄以外の買付資金に充当することができませんのでご注意ください。権利付銘柄の売却代金は、売却約定日当日中は買付余力に反映されませんが、権利付銘柄であれば受渡日が同一日となるため、売却代金を買付資金として充当することは可能です。

権利落日の翌営業日(3/27)の取引について

同一銘柄(権利付銘柄)を権利落日(3/26)とその翌営業日(3/27)に売⇔買を行なった場合、受渡日が同一日となるため、日計り取引となり、注文の発注ができない場合があります。

単元未満株式の買取請求手続きの停止

権利付銘柄の単元未満株式の買取請求手続きは、証券保管振替機構において受付停止期間が設けられます。弊社では、3月24日(火)に弊社に書類が到着、受付完了分で締め切り、それ以降の受付分については4月1日(水)以降に手続きを開始いたします。

口座振替手続きの停止

証券保管振替機構を通じた口座振替(株式の他証券会社への移管)について、受付停止期間が設けられます。弊社では、3月19日(木)に弊社に書類が到着、受付完了分で締め切り、それ以降の受付分については4月1日(水)以降に手続きを開始いたします。なお、相手方証券会社の都合により手続きを進められない場合があります。

配当金受取方法登録手続きの締め切り

2009年3月末を決算とする銘柄の配当金受取方法の登録手続きは、3月25日(水)弊社に書類が到着、受付完了分で締め切らせていただきます。 それ以降の受付分につきましては、ご指定の方法による配当金の受取りが次回以降となります。