新着情報

中国部 緊急レポート第3弾 [過剰流動性相場が始まったか]

連日大商いを続ける本土市場

  1. 本土株式市場は連日大商いを記録しています。4月13日には上海、深セン市場の売買代金は2007年10月以来の2800億元を越える2805億元(約4兆728億円)の大商いを記録しました。また同日には、本土株式市場の代表的な指数、上海総合指数も昨年8月以来の2500ポイント台を回復しました。
  2. 香港市場もイースター(復活祭)明けの4月14日には売買代金754億2100万HKD(約9653億円)を記録し、国有大型企業傘下の企業が中心のH株指数も同日9000ポイント台(昨年10月以来)を回復しました。
  3. 日本の東証の1日の売買代金がこのところ概ね1兆3000億円から1兆4000億円台で推移していることから、中国本土市場が如何に活況を呈しているかが理解できます。

毎日のマーケットの概要は毎日19時30分ごろにホームページに掲載されるマーケットコメントを是非参考にしてください

中国本土株市況

香港株市況

価格帯別売買代金を見ると上海総合指数2400ポイント抜けからシコリがない

  1. 本土市場の価格帯別の売買代金を見てみますと、上海総合指数で2200ポイントから2400ポイントにかけて大商い(約4兆2000億元)を記録、それを抜けると殆ど上値にはシコリがありません。薄商いの中、買いが入らず一気に下げてきたためです。
  2. 今年に入り徐々に商いが膨らみ3月は1日平均約1660億元超、そして4月に入ると連日の大商いで4月15日までの1日平均は2390億元、そして前述のように4月14日には2800億元を超える大商いで、2400ポイントを一気に抜け2500ポイント台に入ってきました。この2500ポイント台を抜けるようですと、値動きが更に軽くなる可能性があります。
上海総合指数と価格帯別売買代金

中国株式市場の見通し

  1. 昨年の株価大幅下落で悪材料(割高感、インフレ、金融引き締め、景気・企業収益の悪化)は、ほぼ織り込んだ。
  2. 景気は予想通り減速が続いているが、昨年の12月以降、一部の経済指標に好転の兆しが現れてきたこと。(製造業購買担当者指数PMIが昨年12月から4ヶ月連続上昇、自動車販売が1-3月で前年同期比4%増、特に3月は単月ベースで過去最高の110万9800台を記録)
  3. 個別産業に対する振興策が相次いで打ち出され、対象業種の株価支援材料となっている。
  4. 4兆元の内需拡大策が実行の時期を迎えつつある上、追加対策期待も膨らんでいる。
  5. インフレ率の急低下(1月のCPIは前年同期比+1.0%、2月は同-1.6%)で一段の金融緩和も視野に入ってきた。
  6. 金融機関の貸し出しが急増、市中の流動性が高まっており、景気、不動産市場、株式市場に対する安心感につながっている。(3月の銀行融資の増加額は前年同月の約7倍にあたる1兆8900億元と単月ベースで過去最高、3月末のマネーサプライM2も前年同期比25.5%増と1999年以降最大の伸び)   「流動性の高まり→資産効果」

ご参考:中国株式市場の見通し[PDF](2009年3月27日掲載資料)

今後の注目銘柄については、チャイナマンスリーレポートやSucce-s tradeログイン後の中国情報ページの参考銘柄、参考ポートフォリオ、新着情報等をご参考ください。

チャイナマンスリーレポート

中国株参考銘柄

中国株参考ポートフォリオ

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。
CFDのリスク
CFD取引は対象となる指数等、CFD価格そのものおよび為替レートの変動等により損失が生じる(預託した保証金以上の損失が生じる)ことがあり、元本及び利益が保証されるものではありません。株価指数CFDには、金利調整額や配当調整額の受払いが発生することがあります。株価指数先物CFDは限月が設定されており、取引期限があります。
CFDの保証金について
取引に必要な保証金は取引額の約10%になります。
CFDの取引レートについて
弊社が提示するCFDの取引レートは、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。
CFDの取引手数料について
取引手数料は無料です。

お取引の際には、事前に契約締結前交付書面等をお読みになり、内容を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断でお取引ください。
CFDはクーリング・オフの対象にはなりません。