新着情報

特定口座への受入期限が迫っています。

一般口座から特定口座への移し替え期限が5月末までとなっております。

弊社では、中国株(香港株、上海B株、深センB株)も特定口座でお預かりすることが可能ですが、中国株を特定口座で預けることができない証券会社が多数あるため、他証券会社から中国株を移管され、特定口座へ入庫する手続きのお申込が急増しており、お手続きに非常に時間がかかっております。

深セン市場の銘柄は移管手続きができません。深セン上場銘柄以外の弊社取扱銘柄のみ移管が可能です。

他証券会社にお預けになっている中国株を弊社特定口座に入庫する方法

弊社以外の証券会社にお預けになっている中国株を弊社特定口座に入庫するには、他証券会社から弊社へ中国株の移管手続きを行っていただいた後、一般口座から特定口座へ移し替えの手続きを取っていただく必要があります。

移管株式の特定口座への入庫は、平成21年5月22日に弊社にて残高が確認できており、特定口座への入庫の書類を受付済みの株式を対象とさせていただきます。
(通常中国株の移管手続きは3週間程度要します。)

平成21年5月22日までに書類が到着していても手続き書類不備等の理由により特定口座へ移し替えができない場合があります。

他証券会社から弊社への特定口座入庫手続き手順

他証券会社にお預けになっている中国株の移管手続きは、受入れ側の証券会社での手続きとなりますので弊社へ書類をご請求いただき、弊社でのお手続きとなります。

  1. 他証券会社からの移管手続き書類「中国株移管手続き書類」および「弊社口座内の振替」の2つの書類を弊社へご請求ください。
    (特定口座未開設のお客様は「特定口座開設書類」も同時にご請求ください。)
  2. 「中国株移管手続き書類」「弊社口座内の振替書類」および特定口座へ入庫するための提出書類(確認書類等)を弊社にご提出ください。
  3. 他証券会社から弊社へ中国株の移管手続きは一般口座で行われます。移管手続き完了後に、お客様からご提出いただいた「弊社口座内の振替書類」および「確認書類」にもとづいて、一般口座から特定口座への移し替え手続きを行います。

中国株の移管手続きには、現在お預けになっている証券会社の取引残高報告書のご提出が必要です。

中国株を他証券会社から弊社へ移管する手続きについて

他証券会社の中国株を弊社特定口座に入庫する際のご注意点

中国株の他証券会社から弊社への移管手続きは、日本株の移管手続きと異なり3週間程度かかりますのでお早めにお手続きください。移管手続きが完了できないことを理由に、特定口座への移し替えが行えない場合があります。

中国株の移管手続きができるのは、香港市場に上場する銘柄の内弊社が取扱っている銘柄、および上海B株市場に上場する銘柄となります。深セン市場に上場する銘柄の移管手続きは受付することができません。

手続き書類等に不備があった場合は、特定口座への移し替え期限に間に合わない場合があります。

中国株の移管手続きができるのは、日本国内の証券会社からのみです。外国の証券会社からの移管手続きはできません。

移管にかかる費用は通常、移管元証券会社から請求されます。金額は証券会社によって異なりますので、現在株式をお預けになっている証券会社にご確認ください。

手続き書類の請求方法

手続き書類は、Succe-s trade取引画面からご請求していただけます。

手続き書類の請求方法

手続き書類は、取引画面の[口座情報]→[お客様情報]→[変更書類請求]からご請求いただけます。

  1. 取引画面へログイン後、「口座情報」を選択してください。
    図
  2. 左メニューの「お客様情報」を選択してください。
    図
  3. 画面右側の「変更書類請求」を選択してください。
    図
  4. 「弊社口座内の振替(現物株の一般口座→特定口座への振替/1枚につき9銘柄・約定)」および「中国株移管手続き書類(他社→弊社「深セン市場を除く」/1枚につき10銘柄)」にチェックを入れてお申込ください。
    図

特定口座が未開設のお客様は、特定口座の開設が必要となります。特定口座未開設のお客様が特定口座の開設をご希望の場合は、「特定口座開設書類」も同時にご請求ください。特定口座の開設状況は、取引画面内の[口座情報]→[お客様情報]でご確認いただけます。

特定口座について

株式等のお取引で利益が発生した場合、確定申告により納税を行う必要がありますが、特定口座でのお取引は証券会社がお客様に代わって「税金の計算」または、「税金の計算と納税」を行います。特定口座を開設し、特定口座で取引する事により、面倒な確定申告の手間を軽減することができます。内藤証券では、国内株現物、国内株信用、中国株、投資信託が特定口座の対象となります。

特定口座についてはこちら