新着情報

WTI原油先物を対象指標としたETFを取扱います

平成21年8月3日(月)より、大阪証券取引所で上場投資信託(Exchange Traded Fund:ETF)である「WTI原油価格連動型上場投信 」(銘柄コード:1671)の取扱が開始されます。 弊社では平成21年8月3日(月)の上場日よりご注文を承ります。
売買方法や取引時間などは通常の国内株式と同じです。

「WTI原油価格連動型上場投信」対象指標について

対象指標は、ニューヨーク商業取引所(以下「NYMEX」といいます。)におけるLight, Sweet Crude Oil Futures(以下「WTI 原油先物」といいます。)の直近限月の清算値を円換算で表示した価格です。

WTI 原油先物の表示価格は、1 バレル当り、米ドルで表示されます。

円換算には、原則として対顧客相場(三菱東京UFJ 銀行が発表する対顧客直物電信売買相場をいいます。)の仲値を用います。

なお、West Texas Intermediate 原油、通称 WTI 原油はNYMEX のLight,Sweet Crude Oil Futures の受渡供用品の代表的なものです。

国内上場投信

上場投資信託(ETF) ETFとは?

上場投資信託(ETF) ETFの売買について

上場投資信託(ETF) 取扱銘柄一覧


国内株取引のリスク
株価の変動、および為替の変動等(外国株式の場合)により損失が生じるおそれがあります。
国内株取引の手数料について
国内株の手数料は多岐に渡っているため、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は国内株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
株式は、クーリング・オフの対象にはなりません
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。