新着情報

JP225CFD最低スプレッド引き下げ

8月17日(月)よりJP225CFD(原資産:シンガポール日経225先物)の最低スプレッドを現在の10円から8円に引き下げます。

最低スプレッド引き下げにより、より有利な条件でお取引が可能になります。

  JP225のスプレッド
8月15日(土)迄
10円~15円
8月17日(月)~
8円~15円

上記のスプレッドは、原市場の流動性などにより、または相場の急変時などに拡大することがあります。

CFD取引を開始するには、FX & CFD口座の開設が必要になります。証券口座を開設済みのお客様は、取引画面からオンラインで申込が可能です。

CFDのリスク
CFD取引は対象となる指数、CFD価格そのものおよび為替レートの変動等により損失が生じる(預託した保証金以上の損失が生じる)ことがあり、元本及び利益が保証されるものではありません。株価指数CFDには、金利調整額や配当調整額の受払いが発生することがあります。株価指数先物CFDは限月が設定されており、取引期限があります。
CFDの保証金について
取引に必要な保証金は取引額の約5%~約20%になります。
CFDの取引レートについて
弊社が提示するCFDの取引レートは、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。
CFDの取引手数料について
取引手数料は無料です。

お取引の際には、事前に契約締結前交付書面等をお読みになり、内容を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断でお取引ください。
CFDはクーリング・オフの対象にはなりません。
中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。
CFDのリスク
CFD取引は対象となる指数等、CFD価格そのものおよび為替レートの変動等により損失が生じる(預託した保証金以上の損失が生じる)ことがあり、元本及び利益が保証されるものではありません。株価指数CFDには、金利調整額や配当調整額の受払いが発生することがあります。株価指数先物CFDは限月が設定されており、取引期限があります。
CFDの保証金について
取引に必要な保証金は取引額の約10%になります。
CFDの取引レートについて
弊社が提示するCFDの取引レートは、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。
CFDの取引手数料について
取引手数料は無料です。

お取引の際には、事前に契約締結前交付書面等をお読みになり、内容を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断でお取引ください。
CFDはクーリング・オフの対象にはなりません。