新着情報

【国内株】5日目決済および期間売買停止の廃止のお知らせ

平成21年11月16日(月)より、国内株の5日目決済制度および、株式併合や売買単元が増加する株式分割が行われる際の期間売買停止が廃止となりますのでお知らせいたします。

「5日目決済」の廃止

国内株の取引では通常、約定日から起算して4日目に決済(受渡し)を行います。しかし、その4日目が権利確定日となる場合、株主の権利を確定するため約定日から起算して5日目に決済(受渡し)を行うことになっていましたが、この「5日目決済」の制度が平成21年11月13日(金)をもって廃止されます。

廃止に伴い、配当や分割、株主優待などの権利付最終売買日および権利落ち日が1営業日後倒しされますのでご注意ください。

5日目決済廃止の変更前と変更後の日程

5日目決済廃止の新旧対照

制度変更前では、権利確定日から起算して5営業日前が権利付最終売買日でしたが、権利確定日から起算して4営業日前に変更になります。

上記の例で、11月末に配当等の権利確定が行われる銘柄の取引を行った場合、制度変更前では11月24日(火)に買付し11月25日(水)に売却すれば権利を受け取ることができましたが、制度変更後は権利付最終売買日が変更されるため、11月24日(火)に買付し11月25日(水)に売却すると権利を受け取ることができません。11月25日(水)までに買付すれば11月26日(木)に売却しても権利を受け取ることができます。

「期間売買停止」の廃止

株式併合または売買単元が増加する株式分割等が行われる場合、期間売買停止が行われていましたが、平成21年11月16日(月)以降、期間売買停止制度は廃止となります。

株式併合または株式分割の残高反映は権利付最終売買日の翌日朝5:30から残高に反映します。