新着情報

【FX & CFD】ロスカットライン変更のお知らせ

平成21年12月11日に、金融先物取引業協会により「外国為替証拠金取引に係るロスカット取引に関するガイドライン」が制定されました。制定に伴い平成22年1月18日(月)よりFX & CFDにおけるロスカットラインを現行の25%から60%に変更いたしますのでお知らせいたします。

金融先物取引業協会におけるガイドラインはFX取引に関するものとなりますが、弊社ではCFDについても同様に取扱をさせていただきます。

ロスカットライン変更に伴い、保証金率が60%以下の場合ロスカットが執行されますので保証金率には十分ご注意ください。保証金に余裕を持ってお取引いただきますようお願い申し上げます。

ご注意事項

平成22年1月15日(金)の取引終了時点で保証金率が60%以下となっている場合、ルール変更に伴い1月18日(月)の取引開始時点で全ポジションがロスカットとなる場合がありますので保証金には十分余裕をもってお取引いただきますようお願い申し上げます。

ロスカットライン等の新旧対照

  (新)平成22年1月18日~ (旧)平成22年1月15日まで
ロスカットライン 60% 25%
注意喚起メール 100%および80% 75%および50%

平成22年1月17日(日)のシステムメンテナンス終了以降に取引画面にログインされると、契約締結前交付書面等の確認画面が表示されますので、内容をご確認の上同意してください。なお、確認画面はパソコンからのみの表示となります。携帯電話からは契約締結前交付書面等が表示されませんので、同意していただくことができません。パソコンの取引画面(Global Trader ProまたはGlobal Trader Web)からログインしてください。

契約締結前交付書面等の確認方法