新着情報

【重要】復地(集団)(02337.HK)非公開化計画におけるTOBについて

11.03.08

復地(集団)〔シャンハイ・フォート・ランド〕(02337.HK)より発表されておりますTOB(公開買付)に応じられるお客様については、下記内容を確認していただきPDFファイルの「株式公開買付に対する売付約諾書」をプリントアウトし、ご記入・ご捺印の上、弊社の締切日までにお申込ください。

株式公開買付に対する売付約諾書


TOB価格は1株あたり3.50HKドルで、2011年3月4日の終値3.43HKドルを約2.0%、TOB計画発表前の最終取引日である2011年1月17日の終値2.79HKドルを約25.4%、それぞれ上回っています。
TOB価格が時価を下回る場合もありますのでTOB(公開買付)のお申込みについては、ご注意ください。

筆頭株主の復星国際(00656.HK)は子会社の復地(集団)に対して、香港上場のメリットが小さいことなどから、同子会社を非公開化する計画です。


4月11日に非公開化計画を審議する株主総会が開催され、承認されれば5月6日を最終売買日とし、5月13日に上場廃止となる見込みです。 また、同計画が4月11日開催の株主総会での承認を受け、応募株数が一定比率以上に達するなど、複数の前提条件がクリアされた場合、TOBが発効します。

TOBが発効した場合は、最終売買日(5月6日予定)までにご売却いただくか、もしくはTOBにお申し込みいただくか、いずれかの方法により必ずご対応いただきますようお願いいたします。


TOBが発効して上場廃止となった場合、TOBにお申込みいただいていないお客様、およびご売却いただいていないお客様は、未上場株を保有することになります。この場合は売却や配当など権利の受領もできなくなりますので十分にご注意ください。

現時点でTOBが発効されるかどうかは確定できません。
TOBが発効しなかった場合は、この計画自体が白紙となりTOBのお申込みも無効となりますのでご了承ください。

TOBの詳細については、ログイン後⇒投資情報(中国株式情報一覧)⇒中国銘柄検索(02337)⇒銘柄名をクリック⇒銘柄詳細(ニュース)をご参照ください。
(最終締め切り日:平成23年4月14日・木曜日・13:00弊社必着)

プリンタ-がご使用になれない場合は、サポ-トセンタ-へ電話等で「株式公開買付に対する売付約諾書」をご請求ください。



中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。