新着情報

信用取引手数料(約定ごとプラン)を値下げ

イメージ

 平成23年10月3日より、国内株信用取引手数料(約定ごとプラン)を改定しました。

 約定代金が30万円以下の場合、取引手数料が260円、約定代金が30万円を超える場合は取引手数料が470円となります。

 例えば約定代金が150万円を超えるお取引をした場合、従来の上限取引手数料1,215円(税込)でしたが、新しい手数料の場合470円(税込)と最大60%以上の値下げを行いました。

 さあ、手数料がお得になった信用取引をはじめてみませんか。

信用取引 口座開設の基準 信用取引 口座開設の流れ

信用取引手数料(約定ごとプラン)10/3~
約定代金 手数料(税込)
30万円以下 260円
30万円超 470円

注意事項
  1. 手数料改定は信用取引手数料の約定ごとプランのみとなります。現物手数料と信用手数料の一日定額プランは現行どおりです。
  2. 手数料比較には信用取引に掛かる金利等諸経費は含まれておりません。
  3. 1注文の約定に対して課金されます。
  4. 内出来(1つの注文が複数に分かれて成立)の場合は、1注文1約定として手数料を計算します。
  5. 有効期限を週末までとして発注された場合で、複数日に渡って約定が発生した場合、約定日ごとにそれぞれ1注文1約定として計算します。
  6. 成行、指値の区分および執行条件にかかわらず同じ手数料体系となります。
  7. 約定がない場合は、手数料はかかりません。
  8. インターネット経由の手数料体系となります。
    電話注文の場合、約定ごとプラン、1日定額プランに係わらず「約定代金 × 0.525%(最低手数料 2,625円(税込)」となります。
    電話注文の場合は1日定額プランを選択している場合でも1日の約定代金に
    対する手数料計算を行ないません、注文ごとの手数料計算となります。
  9. 口座開設時の手数料プランは「約定ごとプラン」に設定されています。

国内株手数料プラン変更

国内株取引のリスク
株価の変動、および為替の変動等(外国株式の場合)により損失が生じるおそれがあります。
国内株取引の手数料について
国内株の手数料は多岐に渡っているため、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は国内株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
株式は、クーリング・オフの対象にはなりません
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。
CFDのリスク
CFD取引は対象となる指数等、CFD価格そのものおよび為替レートの変動等により損失が生じる(預託した保証金以上の損失が生じる)ことがあり、元本及び利益が保証されるものではありません。株価指数CFDには、金利調整額や配当調整額の受払いが発生することがあります。株価指数先物CFDは限月が設定されており、取引期限があります。
CFDの保証金について
取引に必要な保証金は取引額の約10%になります。
CFDの取引レートについて
弊社が提示するCFDの取引レートは、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。
CFDの取引手数料について
取引手数料は無料です。

お取引の際には、事前に契約締結前交付書面等をお読みになり、内容を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断でお取引ください。
CFDはクーリング・オフの対象にはなりません。