新着情報

N-STAGEリニューアル予定のご案内

2012年1月下旬(予定)に国内株トレードツール「N-STAGE」のリニューアルを予定しておりますのでお知らせいたします。
新N-STAGEは、2011年12月にマイクロソフト社からリリースされたSilverlight5上で動作し、マルチウインドウ対応や、画面レイアウトを自由にカスタマイズすることができます。

「新N-STAGE」は、2011年9月にリリースしました「N-STAGE WEB」の上位バージョンとなります。基本的な操作方法は共通となっています。

N-STAGEのご利用は別途お申込が必要です。ご利用料金は2,100円/1ヶ月間となりますが、月間の日本株手数料(税抜)の実績が2,000円以上のお客様は、翌月1ヶ月間無料でお申込いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

主な新機能は以下の通りです。
  1. 画面レイアウトの変更
    各種情報タブごとに画面を分離でき、同時に様々な情報が見ることができます。注文、板、歩みチャート、業績、信用、四季報など様々な情報がそれぞれのパーツで表示することができるので、お好みのレイアウトを作ることができます。
  2. 売買サインバックテスト
    現行N-STAGEにある売買サイン機能を大幅バージョンアップしました。チャートのテクニカル指標に設定した売買サインに対して、投資金額、利益確定条件、損失確定条件を設定すると、過去の株価に対して勝率や損益を表示し、テクニカル指標の売買サインの有効性をシミュレーションすることができます。
  3. 複数気配上から直接注文発注できる「板注文」
    あらかじめ株数や取引暗証番号を設定しておけば、複数気配上でダブルクリックするだけで注文がスピーディーに発注することができます。また、発注済の注文は複数気配上に表示されるので価格訂正や注文取消も間単に行うことができるようになります。
  4. チャート上に保有ポジションを表示
    チャート上に、保有している銘柄のポジション状況を横ラインで表示します。これによりチャート上で保有している銘柄の状況を簡単に確認できます。

機能、画面等は開発中のものであり変更になる場合がありますのであらかじめご了承ください。

主な新機能

画面レイアウトの変更

各種情報タブごとに画面を分離でき、同時に様々な情報が見ることができます。注文、板、歩みチャート、業績、信用、四季報など様々な情報がそれぞれのパーツで表示することができるので、お好みのレイアウトを作ることができます。

拡大イメージをクリックすると拡大されます。

タブをドラッグしてウィンドウの外に出すと独立したウィンドウとして開くことができます。

 

拡大イメージをクリックすると拡大されます。

タブを分離するとこのような画面になります。元の画面内にドラッグすると統合することもできます。

 

拡大イメージをクリックすると拡大されます。

個別銘柄の上で右クリックして表示されるメニューから様々なパーツを呼び出すことができます。

 

拡大イメージをクリックすると拡大されます。

株価やチャート、ニュースなど自由にレイアウトを変更することができます。

 

売買サインバックテスト

現行N-STAGEにある売買サイン機能を大幅バージョンアップしました。チャートのテクニカル指標に設定した売買サインに対して、投資金額、利益確定条件、損失確定条件を設定すると、過去の株価に対して勝率や損益を表示し、テクニカル指標の売買サインの有効性をシミュレーションすることができます。

拡大イメージをクリックすると拡大されます。

勝数、負数、勝率、合計損益などシミュレーションすることができます。

 

複数気配上から直接注文発注できる「板注文」

あらかじめ株数や取引暗証番号を設定しておけば、複数気配上でダブルクリックするだけで注文がスピーディーに発注することができます。また、発注済の注文は複数気配上に表示されるので価格訂正や注文取消も間単に行うことができるようになります。

拡大イメージをクリックすると拡大されます。

注文を成行に変更するボタンや1Tick指値を訂正するボタン、同一銘柄の全ての注文を一括で取消する機能なども搭載されます。

 

チャート上に保有ポジションを表示

チャート上に、保有している銘柄のポジション状況を横ラインで表示します。これによりチャート上で保有している銘柄の状況を簡単に確認できます

拡大イメージをクリックすると拡大されます。

チャート上にポジションの数量や単価、損益が表示され、チャート見ながら損益状況を同時に確認できます。

 

現行N-STAGEでご提供しております予約カート、シナリオ登録、カレンダー、保存ニュース、メモ、売買差額、クリップ登録、ポートフォリオ機能については廃止させていただきます。