新着情報

東大取引所統合に伴う最良執行方針の変更について

7月16日(火)の東証・大証現物市場統合に伴い、弊社最良執行方針の内容を一部改正いたします。

改定される内容については以下新旧対照表をご覧ください。

最良執行方針 新旧対照表

改正後 改正前
2. 最良の取引の条件で執行するための方法 2.最良の取引の条件で執行するための方法
(1) 上場株券等
弊社においては、お客様からいただいた上場株券等に係る注文はすべて国内の金融商品取引所市場に取次ぐこととし、PTS(私設取引システム)への取次ぎを含む金融商品取引所市場外売買の取扱いは行いません。
なお、インターネット取引、コール取引における取扱いは東京証券取引所のみとなります。
(1) 上場株券等
弊社においては、お客様からいただいた上場株券等に係る注文はすべて国内の金融商品取引所市場に取次ぐこととし、PTS(私設取引システム)への取次ぎを含む金融商品取引所市場外売買の取扱いは行いません。

(追加)
①(省略)
②上記①において、委託注文の金融商品取引所市場への取次ぎは、次のとおり行います。
(a) 上場している金融商品取引所市場が1箇所である場合(単独上場)には、当該金融商品取引所市場へ取次ぎます。
(削除)


(b) 複数の金融商品取引所市場に上場(重複上場)されている場合には、以下の通り取扱います。
・(省略)
・(削除)
①(省略)
②上記①において、委託注文の金融商品取引所市場への取次ぎは、次のとおり行います。
(a) 上場している金融商品取引所市場が1箇所である場合(単独上場)には、当該金融商品取引所市場へ取次ぎます。
ただし、インターネット取引、コール取引においては取扱わない金融商品取引所市場があります。
(b) 複数の金融商品取引所市場に上場(重複上場)されている場合には、以下の通り取扱います。
・(省略)
・インターネット取引においては、お客様の売買注文の執行時点において対象銘柄の証券コードを入力して検索した際に、株式会社QUICK提供の市場情報システムで最初に表示される金融商品取引所市場(当該市場は、当該情報提供会社の所定の計算方法により、基本的に一定期間において最も売買高が多いとして選定されたものです。)に取次ぎます。また「N-STAGE」を使用してお客様が重複上場銘柄を発注する場合は、お客様の売買注文の執行時点において、対象銘柄の証券コードを入力して検索した際に、株式会社野村総合研究所提供の市場情報システムで最初に表示される金融商品取引所市場(当該市場は、当該情報提供会社の所定の計算方法により、基本的に一定期間において最も売買高が多いとして選定されたものです。)に取次ぎます。
なお、個別銘柄の具体的な最良執行市場(優先市場)につき ましては、弊社の本支店にお問合せいただいたお客様にはその内容をお伝えいたします。
(c) (a)又は(b)により選定した金融商品取引所市場が、弊社が取引参加者又は会員となっていないところである場合には、当該金融商品取引所市場の取引参加者又は会員のうち、当該金融商品取引所市場への注文の取次ぎについて契約を締結している者を経由して、当該金融商品取引所市場に取次ぎます。
(削除)
なお、個別銘柄の具体的な最良執行市場(優先市場)につきましては、弊社の本支店にお問合せいただいたお客様にはその内容をお伝えいたします。
(c) (a)又は(b)により選定した金融商品取引所市場が、弊社が取引参加者又は会員となっていないところである場合には、当該金融商品取引所市場の取引参加者又は会員のうち、当該金融商品取引所市場への注文の取次ぎについて契約を締結している者を経由して、当該金融商品取引所市場に取次ぎます。
ただし、インターネット取引、N-STAGE、コール取引については、東京証券取引所、大阪証券取引所以外の市場は、取扱っておりませんので、前項の取扱いに関わらず、これら二取引所いずれか上場している市場へ取次ぎます。これら二取引所のうち重複して上場している場合には、東京証券取引所、大阪証券取引所の順に金融商品取引所を選定し発注します。