新着情報

インターネット総合取引約款の一部改定について

7月16日(火)より、インターネット総合取引約款の内容を一部改正いたします。

改定される内容については以下新旧対照表をご覧ください。

インターネット総合取引約款 新旧対照表

改正後 改正前
(届出事項の変更
第13条
1.(現行どおり)
2.(現行どおり)
3.家庭裁判所の審判により、補助・佐保・後見が開始された場合には、直ちに成年後見人等の氏名その他必要な事項を書面によって届け出ていただきます。
4.家庭裁判所の審判により、任意後見監督人の選任がされた場合には、直ちに任意後見人の氏名その他必要な事項を書面によって届け出ていただきます。
5.既に、補助・補佐・後見開始の審判を受けている場合、又は任意後見監督人の選任がされている場合にも、前2項と同様にお届けください。
6.前3項の届出事項に取消又は変更等が生じた場合にも同様にお届けください。
7.前4項の届出前に生じた損害については、弊社は責任を負いません。
(届出事項の変更)
第13条
1.(省   略)
2.(省   略)
(新   設)
(新   設)
(新   設)
(新   設)
(新   設)
8.本条に関する届出があった場合および第1項から第6項の各事項について変更等の届出が必要であることを弊社が把握した場合は、弊社はお客様の取引口座の制限を行います。
9.8項により行われた制限は、お客様によって弊社の指定する手続きを完了した後でなければ、制限の解除には応じないものとします。
10.8項、第9項によって生じた損害については、弊社はその責を負わないものとします。
3.本条に関する届出があった場合および第1項 第2項の各事項について変更の届出が必要であることを弊社が把握した場合は、弊社はお客様の取引口座の制限を行います。
4.項により行われた制限は、お客様によって弊社の指定する手続きを完了した後でなければ、制限の解除には応じないものとします。
5.項、第項によって生じた損害については、弊社はその責を負わないものとします。