新着情報

中国株の高配当銘柄に注目

中国株の2013年12月本決算がほぼ出揃いました。そのなかで、高水準の期末配当を予定している企業も少なくありません。好業績(増収・増益)で、期末配当のみで利回りが3%を超え、まだ権利落ち日を迎えていない銘柄が多くあります。

中国株は日本株とは違い、決算発表後に権利・配当の内容、配当スケジュールを各企業が決定します。よって、決算日以降でも権利落ち日までに買付すれば、配当を受け取る権利があります。そこで好業績で期末配当のみで利回りが3%を超える銘柄をリストアップしました。具体的な条件は以下の通りです。

  1. 2013年12月期末配当(予定、特別配当を含む)が4月29日終値の3%を超えるもの。
    中間配当・現物配当などは考慮していません。
    期末配当は取締役会で議決されたもので、株主総会で修正・否決される可能性などもあります(配当スケジュールは突然変更されることがあります)。
  2. 2013年が前年比で増収・増益となっているもの。
  3. 配当落ち日が2014年5月9日以前の銘柄、1日当たり売買代金(直近1カ月平均)が1億円未満の銘柄と上海・深センB株は除外しています。

中国株の高配当銘柄リスト

中国株の高配当銘柄


中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。