深セン・香港株相互取引 深センA株取扱開始

深セン・香港株相互取引の概要 深センA株市場の概要 香港経由のA株直接投資の比較 深センA株の主要銘柄 重複上場銘柄の価格差

深センA株 テーマ別銘柄紹介

12月5日から取引を開始した深セン・香港株相互取引で、注目されるテーマ別に取扱銘柄をピックアップしました。


AI(人工知能)・自動運転

注目を集めるAI産業、膨大なデータの収集力が強みに

世界のAI市場、年率2割の高成長へ(BBC予測)

中国でもAIの研究開発が進んでおり、トップの米国を追う。BAT(百度、アリババ、テンセント(00700))のネット大手3社を中心に、大学発のベンチャーなど多くの企業が開発競争を展開。中国の強みは開発に必要なデータを13億人の市場から集められる点にあり、政府・金融機関からの支援も手厚い。自動運転などの応用分野も成長ステージにある。


コード 銘柄名 売上高
増収率
純利益
増益率
時価総額 内容
002230科大訊飛 2,501 +40.9 425 +12.1 37,416 安徽省に本拠を置く新興のIT企業。英文社名は「IFLYTEK」。中国科学技術大学発のベンチャーで、AIにかかせない音声・言語認識技術で中国トップクラス。同社が中心になって展開している「AIによる有名大学合格プロジェクト」は国家の手厚い支援を受けている。
002253川大智勝軟件 261 +18.1 33 +204.4 6,523 四川省に本拠を多く民営のIT企業。画像解析技術を強みとし、空港管理システムやパイロット訓練システムなどを構築。3D顔認証の分野にも進出し、関連製品やサービスを展開。同技術はAI技術との親和性も高い。
002284亜太機電 3,059 ▲6.7 142 ▲19.2 11,528 ブレーキシステムを含む自動車制御装置で国内トップクラスの自動車部品メーカー。浙江省の民営企業で、先進国から積極的に最新の生産設備を導入。ここ数年は自動運転分野の技術開発に注力し、足元では一汽フォルクスワーゲンと共同開発で合意した。
002348高楽玩具 414 ▲0.8 56 +22.0 7,360 広東省の民営玩具メーカー。15年にAI関連のベンチャー企業である広州幽聯信息技術と合弁会社を設立すると発表した。幽聯が持つAI技術を活用し、会話が可能なロボット型玩具の生産・販売を目指していく。
002415海康威視 25,271 +46.8 5,869 +25.8 155,131 国務院系の新興企業。「HIKVISION」ブランドで生産・販売する防犯カメラは世界トップのシェアを誇る。研究開発に積極的で、高い自動認識技術を持つ。個体識別、画像処理、AIなど最先端分野で技術力を磨き、主力の防犯設備・サービス事業との相乗効果を狙う。

業績はすべて15年12月本決算、売上高・純利益、時価総額はすべてブルームバーグから算出し、当社HPの数値と異なる場合がある。単位は百万元。時価総額は16年12月5日の終値。

ロボット・ドローン

製造強国に向けてロボットの開発・活用が進む、政府も支援策を強化

ロボット産業5カ年計画(16~20年)

中国は製造業の“大国”から“強国”への飛躍に向け、官民挙げてロボット分野を重視。ロボット5カ年計画を掲げ、政策支援を強めている。産業ロボットの導入が進むほか、民用でもドローンが各分野で活用されている。優秀な人材が強みで、深セン市に本拠を置くDJIなど多くの新興企業も出てきた。既存の機械メーカーもロボット分野に次々と参入している。


コード 銘柄名 売上高
増収率
純利益
増益率
時価総額 内容
000768中航飛機 24,116 +13.8 400 +13.7 59,415 航空宇宙分野の巨大国有企業「中国航空工業集団公司、AVIC」で航空機分野を担当する会社。各種プロペラ機や戦闘機などを生産している。傘下の研究所は超軽量炭素繊維複合を材料とする太陽光無人機の研究開発を進めている。
002013中航機電系統 7,328 ▲3.1 489 +28.1 29,366 AVIC傘下で航空制御システムやエンジン制御装置、ドローンの離陸システムなどを構築する大手サプライヤー。関連のコンサルティングなども手がける。
002179中航光電 4,725 +35.3 568 +67.4 22,823 AVIC傘下の電子部品会社。電子コネクタを含む各種電子部品の大手メーカー。主に航空機の制御装置に関わる電子部品などを得意とするハイテク企業でもある。売上規模は小さいものの、ロボット関連事業を展開。今後はロボット部品の供給に力を入れていく計画。
002444巨星科技 3,176 +10.8 480 ▲1.2 19,419 浙江省の民営工具メーカー。「SHEFFIELD」ブランドの金属工具を生産し、主に海外に輸出している。ロボット市場に参入するため、14年に専門子会社を設立。各種サービス型ロボットの製品化に向け、研究開発を進めている。すでに掃除用ロボットは試作段階に入ったという。
002577雷柏科技 500 ▲4.2 ▲259
赤字
9,674 無線技術に強みを持つ深セン市の民営企業で、無線マウスが主力製品。古くからロボット事業も手がけ、「RRS」ブランドの産業ロボットを量産化。また、ドローン専門の企業「Xiro社」を合弁設立して「Xplorer」ブランドで展開。DJIに次ぐ中国2位のドローンメーカーに。

業績はすべて15年12月本決算、売上高・純利益、時価総額はすべてブルームバーグから算出し、当社HPの数値と異なる場合がある。単位は百万元。時価総額は16年12月5日の終値。

AR(拡張現実)・VR(バーチャルリアリティ)

中国でもAR/VRに注目が集まる、各社は成長分野に位置づけ

20年の世界AR/VR市場規模

「ポケモンGO」が世界的にヒットした16年は中国でもAR/VRが注目を集め、特にARは応用分野の広さから今後の市場拡大が見込まれる。ゲームなどのコンテンツ制作に加え、光学機器メーカーなども成長分野に位置づけ、投資を活発化。中国社会が急速にIT化する中、AR/VRは今後も市場で重要な投資テーマとなろう。


コード 銘柄名 売上高
増収率
純利益
増益率
時価総額 内容
002055得潤電子 3,038 +15.2 85 ▲13.6 11,957 電子・自動車の精密部品メーカー。深セン市の民営企業で、「IOV」(自動車のネット化)分野の技術開発を得意としている。買収を通じてフレキシブル基板(FCB)事業に参入。同基板はAR/VR対応のウェアラブル機器などで使用される。
002241歌爾 13,656 +7.6 1,251 ▲24.5 42,901 「GoerTek」ブランドで有名な民営企業。小型音響器具・部品の大手メーカーで、音響家電や各種スマート家電に搭載される。VR分野も得意とし、部品提供に加えて、製品の設計・開発などを支援。3D音響技術に強みを持つデンマークのAM3D社を買収した。
002280聯絡互動 676 +110.0 316 +91.1 35,488 浙江省の民営のIT企業。ゲーム・ソフト開発やITコンサルティングなどを手がける。ハード分野にも進出し、米国のAvegant社に出資。同社が開発したVRゴーグル「Glyph」の中国市場での宣伝・販売を担っている。
002456欧菲光科技 18,498 ▲5.4 478 ▲33.7 40,724 深セン市に本拠を置く民営の電子部品メーカー。スマホ向けタッチパネル、カメラ部品で世界有数のシェアを誇る。指紋認証システムの部品生産でも国内大手に位置する。虹彩認識能力を持つカメラ部品をAR/VR機器メーカーに出荷している。
002699美盛創意 408 ▲10.6 126 +30.1 17,368 浙江省の民営企業で、アニメの関連アパレル製品を生産・販売。ここ数年は非アパレル分野を強化し、アニメ・ゲームの制作・開発なども展開。この一環で2次元キャラのAR・VR画像などを提供するIT企業「創幻科技」に出資している。

業績はすべて15年12月本決算、売上高・純利益、時価総額はすべてブルームバーグから算出し、当社HPの数値と異なる場合がある。単位は百万元。時価総額は16年12月5日の終値。

電子商取引(Eコマース)

市場規模は急速に拡大中、オンラインが競争の主戦場に

中国のEコマース売上高の推移 B2C(企業と一般消費者間のEコマース)のシェア(15年)

Eコマースの市場規模は急速に拡大中。最大手のアリババは16年の「双十一節」(11月11日、「光棍節」とも呼ばれ、Eコマースの一大特売日)で一日に約1200億元(約1.9兆円)の取引高を記録。ほかのEコマース業者も事業を拡大し、各メーカーもネット販売に注力しており、競争は一段と激しくなる見通しだ。

コード 銘柄名 売上高
増収率
純利益
増益率
時価総額 内容
000333美的集団 139,347 ▲2.2 12,707 +21.0 183,882 広東省に本拠を置く白物・キッチン家電の世界大手。「美的」(Midea)ブランドの家電製品は国内外で広く販売されている。東芝の白物家電事業を買収するなど、M&Aに積極的。ネット販売事業の強化も進めている。
000503海虹企業 194 +1.9 23
▲7.7
45,058 海南省の国有IT企業。99年から医薬品のEコマースに乗り出し、専門サイト「海虹医薬網」(www.emedchina.cn)などを運営している。
002024蘇寧雲商 135,548 +24.3 873 +0.6 109,114 江蘇省の民営企業で、家電量販の国内最大手。M&Aを通じて規模拡大に努めてきた。日本のラオックスを傘下に置く。家電を中心とするEコマースサイト(蘇寧易購)は高い成長を維持。同分野の強化に向け、Eコマース最大手であるアリババの出資を受け入れ、2位株主に迎えた。
002095網盛生意宝 176 +10.4 18 ▲45.8 11,936 浙江省のIT企業。Eコマースの専門会社としていち早く06年にA株上場を果たした。「B2B」の「生意宝」(toocle.cn)を中心に複数のEコマースサイトを運営するほか、医薬、化学、繊維の専門サイトも展開している。
002640跨境通宝 3,961 +370.5 168 +403.4 売停 山西省の民営企業。アパレル事業を主力とするものの、14年に越境EC(海外企業と中国消費者間のB2C)のサイト「環球易購」の運営会社を買収し、EC事業に参入した。さらに15年にもEC関連の企業5社を傘下に収めるなど、越境ECを戦略分野に位置づけている。

業績はすべて15年12月本決算、売上高・純利益、時価総額はすべてブルームバーグから算出し、当社HPの数値と異なる場合がある。単位は百万元。時価総額は16年12月5日の終値。

次世代IT

世界最大のネット人口を抱える中国、ITサービスの“深化”が進む

中国のネットユーザー数の推移

世界最大のネット人口を抱える中国で、スマホの普及・高機能化を追い風に、市民向けの各種ネットサービスの開発・利用が進展。企業サイドでもビッグデータ、クラウド、「物聯網」(モノのインターネット)を含む新たな需要が拡大している。こうした次世代ITの関連市場規模は依然として成長余地が大きい。政府が掲げる「ネット・プラス」(各産業とITの融合)政策も追い風に。


コード 銘柄名 売上高
増収率
純利益
増益率
時価総額 内容
000938紫光 13,350 +19.8 152 +20.9 64,414 理系最高学府の清華大学が設立した半導体・ITの複合企業「紫光集団」の傘下企業。「クラウド」技術を中核に各種IT製品の生産・販売やシステム構築を請け負う。13年には当時世界初となるクラウドコンピューター「紫曇1000」を開発した。
000977浪潮電子信息 10,123 +38.6 449 +32.6 22,224 山東省政府系のIT企業で、浪潮国際(00596)、浪潮ソフト(600756)とは兄弟会社の関係。ITサーバーの生産・販売を主力事業とする。「クラウド」を成長分野に位置づけ、地場系メーカーとして最初にIaaS分野の国産技術の構築に成功した。
002236大華技術 10,078 +37.5 1,372 +20.1 41,404 浙江省の民営企業。主力製品は「@lhua」ブランドで展開する防犯カメラ・システムで、国有系の海康威視(002415)とはライバル関係。ネット大手のアリババでクラウド事業を担当する「阿里雲」と提携し、クラウド、ビッグデータの防犯サービスでの活用を目指す。
002238天威視訊 1,789 ▲11.1 272 +21.9 9,248 深セン市の国有系ケーブルテレビ事業者。「三網融合」(電信、放送、インターネット網の一体化=トリプルプレイ)にいち早く取り組み、デジタルケーブルテレビのサービスを全面的に展開している。
002544傑賽科技 2,294 ▲17.8 107 +17.3 15,653 モバイル通信網の構築やITソルーション、プリント基板の生産などを手がける企業。国務院直轄の中国電子科技集団の傘下にある。華南地方でスマートシティ建設に向けた複数のプロジェクトを展開している。

業績はすべて15年12月本決算、売上高・純利益、時価総額はすべてブルームバーグから算出し、当社HPの数値と異なる場合がある。単位は百万元。時価総額は16年12月5日の終値。

フィンテック(最新IT技術を駆使した金融サービス)

中国は金融IT化で先行、金融機関の積極的なネット戦略でIT業界も恩恵

世界のフィンテック投資額

中国社会は急速にIT化が進んでおり、金融とITの融合(フィンテック)の分野でも世界の先頭を走る。BAT(百度、アリババ、テンセント)を含む多くのIT企業が参入。スマホ決済・運用やP2P(個人間融資仲介)などのサービスが一般化している。金融機関もネット分野を強化。すでにネット販売・取引という段階を超え、大きな広がりをみせている。


コード 銘柄名 売上高
増収率
純利益
増益率
時価総額 内容
000001平安銀行 96,163 +31.0 21,865 +10.4 162,432 総合保険大手の平安保険(02318)で銀行事業を担当。広東省を中心とする華南地方で高いシェアを持つ。「物聯網」(モノのインターネット、IoT)の技術を銀行の各業務に積極的に活用している。
000997新大陸電脳 3,045 +36.2 336 +21.8 17,482 福建省に本拠を置くPOS(販売時点情報管理)端末の国内最大手。「Newland」のブランド名で世界でも上位に入る。mPOS(モバイル決済)など新分野対応の製品も展開。電子決済のインフラを支える企業といえる。
002049紫光国芯 1,250 +14.9 335 +10.2 20,601 半導体・ITの複合企業「紫光集団」の傘下企業。主にIC(集積回路)、特殊ICチップの設計を担うほか、石英ガラス製品の生産・販売を手がける。同社のICチップは多くの銀行ICカードに使用され、データ記録の媒体としてフィンテックの要となっている。
002657中科金財 1,328 +20.9 160 +106.3 16,366 北京市に本拠を置く新興の金融IT企業。主に中小の銀行を顧客に持ち、データセンターやネットバンキング、P2Pシステムの構築、資産証券化など、金融IT化を支援している。中国版シリコンバレーの「中関村」のネット金融センターや先物会社、金融商品取引所などにも出資。
002736国信証券 29,139 +147.1 13,949 +183.1 140,876 深セン市に本拠を置く総合証券大手。IT化による委託売買取引の効率化、高付加価値化に努め、競争力を強化している。フィンテックのベンチャー企業である「量化派」(Quant Group)に出資。

業績はすべて15年12月本決算、売上高・純利益、時価総額はすべてブルームバーグから算出し、当社HPの数値と異なる場合がある。単位は百万元。時価総額は16年12月5日の終値。

二孩(二人っ子)政策

少子化対策は今後も強まる見通し、関連市場は着実な伸びが見込める

中国も少子高齢化が進行しており、政府は長年続いた一人っ子政策を撤廃。第二子を認め、奨励する「二人っ子政策」に舵を切った。少子化の抑制に向けた政策措置は益々強まろう。出生率の向上は幼児・子ども向け市場や教育産業の成長には追い風。ほかの支出を抑えてでも子育て・教育資金を捻出する家庭は多く、景気減速下でも着実な需要が期待できる。

国連予測に基づく50年の中国の人口ピラミッド
コード 銘柄名 売上高
増収率
純利益
増益率
時価総額 内容
002292奥飛娯楽 2,589 +6.4 489 +14.3 35,169 中国大手のアニメ制作・玩具生産企業。主力のアニメ事業は買収などを通じて国内有数の規模に成長した。「喜羊羊与灰太狼」など複数の有名作品のIP(知的財産権)を保有。日本企業との関わりも深く、任天堂、タカラトミーと提携したほか、角川ゲームスに出資している。
002308威創視訊 937 +16.6 119 +13.6 13,151 広東省の民営企業。「VTRON」ブランドで生産・販売するDLPディスプレイは世界上位のシェアを持つ。15年にM&Aを通じて幼児教育の分野に参入。民間幼稚園の経営や幼稚園向け各種支援サービスを手がける「北京紅纓教育」や富裕層向け幼稚園経営の「金色揺籃」を買収した。
002315焦点科技 495 ▲3.0 157 +31.7 7,734 南京市の民営のIT企業。企業の購買活動や保険商品のオンライン取引サイトなどを運営している。オンライン教育事業に積極的で、専門子会社を設立。二人っ子政策は教育産業の市場拡大余地を広げる。
002502カ威文化 591 +23.9 120 +250.3 11,496 広東省に本拠を置く大手玩具メーカー。各種玩具の製造販売に加え、オンラインゲームの開発、アニメ、テレビドラマ・映画の制作なども手がける。二人っ子政策による出生数の増加から、直接恩恵が見込める。
002570貝因美食品 4,534 ▲10.1 104 +50.5 12,557 民営のベビー用品大手。業界の草分け的企業で、「貝因美(Beingmate)」のブランドの粉ミルクが主力製品。乳幼児、幼児用食品や妊婦向け栄養食なども扱う。92年に浙江省で設立され、数少ないベビー用品の専業メーカーとして11年にA株上場を果たした。

業績はすべて15年12月本決算、売上高・純利益、時価総額はすべてブルームバーグから算出し、当社HPの数値と異なる場合がある。単位は百万元。時価総額は16年12月5日の終値。

「健康中国」(医療・医薬、福祉、ヘルスケア)

高齢化・健康志向の高まりを受け、ヘルスケア産業の成長を国家戦略に

世界最大の人口を抱える中国で、高齢化・所得増加、健康志向の高まり、社会保障の整備などを背景に、中国の医療関連市場は世界上位の規模に成長してきた。政府は「健康中国」を国家戦略に据え、今後も医療制度改革や医療・ヘルスケア産業への支援策を一段と強化する構え。この流れの中で競争力を持つ企業は着実に成長を遂げている。

医療支出総額と1人あたり医療保険支払額の推移 " "" "" "" "
コード 銘柄名 売上高
増収率
純利益
増益率
時価総額 内容
000423東阿阿膠 5,450 +36.0 1,625 +19.0 37,737 漢方薬食品「阿膠」(アキョウ)の老舗メーカー。山東省東阿県に本拠を置く国有企業で、同社の「東阿阿膠」は国内随一の歴史・シェアを誇る。2500年の歴史を持つ阿膠は古来から高級漢方の代表格で、ロバの皮を煮詰めて作られる。
000538雲南白薬 20,738 +10.2 2,771 +10.6 売停 雲南省政府系の老舗医薬メーカー。漢方薬の原薬・製薬を得意とするほか、西洋薬や歯磨きなど各種トイレタリー・ヘルスケア製品なども手がける。「雲南白薬」ブランドは長い歴史を持ち、自然豊かな雲南省産の原材料を多く使用している。
000963華東医薬 21,727 +14.6 1,097 +45.0 35,205 民営の医薬品流通会社。本拠の浙江省で最大級の事業規模を誇る。製薬事業も手がけ、糖尿病や移植治療関連の処方薬に強みを持つ。同社製のアカルボース(経口血糖降下薬)は価格競争力もあり、更なる販売増が期待できる。
002223魚躍医療設備 2,104 +24.9 364 +22.7 22,195 地場系有数の医療機器メーカー。主力製品は「魚躍」ブランドの医療機器、「華佗」ブランドの針灸など漢方医学計の医療機器、「金鐘」ブランドの手術用器具。体重計、電子血圧計、車椅子など家庭用の各種医療機器も手がける。ここ数年はEコマースの強化にも注力。
002252莱士血液製品 2,013 +52.8 1,442 +182.4 104,678 中国の血液製剤メーカーの最大手。ベトナム系実業家のホアン・キエウ氏(米国籍)が上海市で地元民営企業と中外合弁で設立された。買収を通じて企業規模を拡大。中国名門の清華大学と研究開発の面で長期にわたり提携している。

業績はすべて15年12月本決算、売上高・純利益、時価総額はすべてブルームバーグから算出し、当社HPの数値と異なる場合がある。単位は百万元。時価総額は16年12月5日の終値。

「美麗中国」(グリーン経済の促進)

環境問題への対応は最優先課題、中国のグリーン経済は成長市場に

中国は国内に加え、気候変動など地球規模の環境問題にも対応する必要があり、先ごろ発効した「パリ協定」に加盟。「美麗中国」という国家戦略を掲げ、持続的な社会の構築とグリーン経済の拡大を進めている。グリーン経済は廃棄物処理、水処理、新エネ・再エネ、エコ自動車など幅広く、その国内市場規模は急成長を続けている。

16年上期のEV(電気自動車)・PHEV(プラグインハイブリッドカー)の販売台数
コード 銘柄名 売上高
増収率
純利益
増益率
時価総額 内容
000826啓迪桑徳 6,341 +44.8 931 +15.8 28,516 理系の名門「清華大学」系の総合的な環境事業会社。主力の固定廃棄物処理は国内有数の規模を誇る。また行政から廃棄物処理や環境衛生をめぐるインフラ整備を受託するほか、廃棄物処理の各種設備・機械の製造販売なども展開。湖北省を主力市場としている。
000887中鼎密封件 6,543 +30.0 714 +26.0 売停 安徽省の民営の自動車部品メーカー。主力製品はゴムプラスチック密封部品を含むゴム部品。M&Aによりエコカー関連市場に参入。独AMK社は電池の制御システムや運転補助システム、スイスのGreen Motion社は電気自動車用の充電設備などを手がける。
000939凱迪生態環境 3,496 ▲12.9 389 +40.6 21,711 産学連携で設立されたバイオマス発電の国内最大手。武漢市の企業で、発電所は本拠に置く湖北省のほか、湖南、江西省など中部地域を中心に設置されている。バイオマス資源の調達力も強く、1000万ムー(1ムー=約667平方メートル)を超える森林資源を持つ。
002310東方園林 5,381 +14.9 602 ▲7.1 38,126 北京市に本拠を置く民営の水エンジニアリング会社。生態環境の修復や土壌汚染の除去、危険廃棄物処理などの事業を主に地方政府から請け負う。「海綿都市(スポンジシティー)」(水害抑制に向けた水インフラ整備)のテーマ株の一つ。
002340格林美 5,117 +30.9 154 ▲26.9 20,755 深セン市の民営企業で、金属リサイクル企業。希少金属、電池、自動車のリサイクルを得意とし、リチウムイオン電池のリサイクル市場で約2割のシェアを握る。また、大手自動車メーカーのエコ自動車生産に原材料などを提供している。

業績はすべて15年12月本決算、売上高・純利益、時価総額はすべてブルームバーグから算出し、当社HPの数値と異なる場合がある。単位は百万元。時価総額は16年12月5日の終値。