【投資信託】深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)

わずか30数年で最先端のイノベーション都市へと変貌した深セン。
高い成長が期待される、深セン証券取引所に上場するイノベーション企業へ投資するファンドをご紹介します。

※日興アセットマネジメント作成の動画です。


イノベーションハブとして飛躍的な成長を遂げる深セン

1980年に、鄧小平氏(当時の最高指導者)が進める改革開放政策によって経済特区に指定されて以降、深センは飛躍的な成長を遂げてきました。
近年は新興産業の発展に力を入れており、米国のシリコンバレーに匹敵する新たなイノベーション都市として、世界の注目を集めています。

当ファンドでは、新たな技術や産業の創出に挑戦し、高い成長が期待される、深セン証券取引所に上場するイノベーション企業などを主要投資対象とします。

イノベーションハブとして飛躍的な成長を遂げる深セン

上記は過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

出所:日興アセットマネジメント作成の販売用資料より引用


深センは中国最先端のイノベーション都市へ

深セン市政府は、2009年以降、「戦略的な新興産業の発展計画」に基づき、さまざまな新興産業の誘致・育成に力を入れています。「世界の工場」の中心地であった深センは、近年の製造業と新興産業の発展により、多様な技術の集約地へと変貌を遂げています。

中国最先端のイノベーション都市へ

上記は過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

出所:日興アセットマネジメント作成の販売用資料より引用


「中国の未来」とも言われる深センではイノベーションが浸透

「中国の未来」とも言われる深センではイノベーションが浸透

出所:日興アセットマネジメント作成の販売用資料より引用


イノベーションにおける中国の優位性

イノベーションにおける中国の優位性

写真およびイラストはイメージです。

上記は過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

出所:日興アセットマネジメント作成の販売用資料より引用



新興企業が集まる深セン証券取引所

深セン証券取引所は、国営企業などオールドエコノミーの企業が多く上場する上海証券取引所と異なり、IT(情報技術)やヘルスケアなどニューエコノミーの民間企業が多く上場しています。
また、日本の東証マザーズ市場にあたる新興企業向け市場が設けられていることも特徴です。

新興市場が集まる深セン証券取引所

上記は過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

出所:日興アセットマネジメント作成の商品説明資料より引用


中国全土からスタートアップ企業が参集

近年、中国では、各地に深センと同様のイノベーションハブが形成されており、有望なスタートアップ企業が数多く誕生しています。こうした企業の多くは、ニューエコノミー企業の集まる深セン市場での上場をめざすと言われており、深セン証券取引所は世界で最も株式新規公開(IPO)が多い市場の一つとして知られています。

中国全土からスタートアップ企業が参集

上記銘柄については、各地域のイメージをつかんでいただくために記載したものであり、売買を推奨するものでも、将来の価格の上昇または下落を示唆するものでもありません。また、当ファンドにおける保有・非保有および将来の銘柄の組入れまたは売却を示唆・保証するものでもありません。

上記は過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

出所:日興アセットマネジメント作成の商品説明資料より引用



中国のイノベーション企業がみせる急成長

成長著しい中国のイノベーション企業は、近年世界でもその存在感を高めており、名だたる世界企業と時価総額で肩を並べる企業も現れています。今後のイノベーション技術の進展や普及に伴ない、中国ではこうした企業に続く、新たな急成長企業の登場が期待されています。

中国のイノベーション企業がみせる急成長

上記銘柄について、売買を推奨するものでも、将来の価格の上昇または下落を示唆するものでもありません。 また、当ファンドにおける保有・非保有および将来の銘柄の組入れまたは売却を示唆・保証するものでもありません。

上記は過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

出所:日興アセットマネジメント作成の販売用資料より引用



運用実績

運用事績

基準価額は信託報酬(後述の「手数料等の概要」参照)控除後の1万口当たりの値です。

上記は過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

出所:日興アセットマネジメント作成の販売用資料より引用


ポートフォリオの概要(2018年5月末時点)

ポートフォリオの概要

上記は過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

出所:日興アセットマネジメント作成の販売用資料より引用


組入上位銘柄のご紹介

杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン・デジタル)

杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)
業種:情報技術(電子装置・機器・部品)
上場市場:深セン市場 中小企業板
時価総額:3,612億元(約6.1兆円)

世界最大級のビデオ監視カメラメーカー

  • ビデオ監視カメラメーカーとして世界的な地位を築いており、100以上の国・地域で同社の製品が導入されています。
  • 2万人を超える従業員のうち、9,000人以上がR&D(研究・開発)エンジニアであり、同社は革新的な製品の開発に向けて毎年売上高の7~8%程度をR&Dに投じています。
  • IoT(モノのインターネット)の普及やスマートシティ構想などから監視カメラ需要が拡大しており、業界をリードする立場にある同社は、そうしたトレンドから恩恵を受けやすい優位な立場にあるとみられます。


美的集団(ミデア・グループ)

美的集団(ミデア・グループ
業種:一般消費財・サービス(家庭用耐久財)
上場市場:深セン市場 メインボード
時価総額:3,486億元(約5.9兆円)

スマート家電からロボティクスまで

  • 革新的な製品やスマート家電に注力することで、市場シェアを拡大する、中国の白物家電最大手の一角。
  • 産業用ロボット世界大手、独クーカ社の買収を通じ、ロボットや自動化システムの分野で世界のリーディングカンパニーとなることをめざしています。中国の産業用ロボット市場は2013年以降、5年連続で世界最大となっており、今後の同社の成長が期待されます。
  • 同社はまた、R&Dにも意欲的で、過去5年間におけるR&D投資額は200億元(約3,393億円)を超えています。(2017年末現在)


江蘇恒瑞医薬(ジャンスー・ハンルイ・メディスン)

科大訊飛(アイフライテック
業種:ヘルスケア(医薬品)
上場市場:上海市場
時価総額:2,803億元(約4.7兆円)

「中国製造2025」がバイオ医薬の追い風に

  • 大手製薬会社であり、後発医薬品を中心に、原薬の開発・製造も手掛けています。特に抗がん剤の分野では中国最大規模を誇ります。
  • 同社は国内に加えて米国にもR&D拠点を置き、研究・開発に取り組んでいます。2017年にはFDA(米国食品医薬品局)が同社製剤の臨床試験を認可するなど、世界で高い評価を獲得しています。
  • 政府が進める「中国製造2025」では、バイオ医薬が重点推進分野に掲げられており、政府の支援拡大が同社への更なる追い風になると期待されます。


大族激光科技産業集団(ハンズ・レーザー・テクノロジー)

東方財富信息(イースト・マネー・インフォメーション)
業種:資本財・サービス(機械)
上場市場:深セン市場 中小企業板
時価総額:586億元(約9,956億円)

アジア最大規模のレーザー加工機器メーカー

  • マーキングや溶接、切断などのレーザー加工機器を開発し、世界の主要メーカーに販売しています。同社製品は電子機器や自動車部品、医療機器など、幅広い製造業の分野で使用されています。
  • 同社はR&Dに強みを持っており、300件を超える特許や数十件のソフトウェア著作権を取得しているほか、世界有数のUVレーザー特許技術も保有しています。
  • 近年はロボット事業も展開しており、レーザー加工機器と自動化設備を組合わせたFA(工場の自動化)ソリューションを推進しています。

換算為替レート:1人民元=16.965円(2018年5月末現在)

業種名はGICS(世界産業分類基準)に基づきます。写真はイメージです。

上記は、2018年5月末現在の当ファンドのマザーファンドの組入上位銘柄について、日興アセットマネジメントアジアリミテッドからのコメントをもとに、日興アセットマネジメントがまとめたものです。当該銘柄について、売買を推奨するものでも、将来の価格の上昇または下落を示唆するものでもありません。また、当社ファンドにおける将来の銘柄の組入れまたは売却を示唆するものでもありません。また、上記は過去のものであり、将来の運用成果などを約束するものではありません。

出所:日興アセットマネジメント作成の販売用資料より引用


リスクについて

この投資信託は、主に国外の株式や債券を投資対象としています。
この投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託購入に関する費用について

お客様には以下の費用をご負担いただきます。
申込時に直接ご負担いただく費用
  • ・申込手数料(税込)
  • 買付約定時の基準価額に対して
  • 1,000万口未満:3.24%
  • 5,000万口未満:2.16%
  • 1億口未満:1.08%
  • 1億口以上:0.54%
換金時に直接ご負担いただく費用
  • ・信託財産留保額
  • 解約時の基準価額に対して0%
投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用
  • ・信託報酬(税込)
  • 信託財産の純資産総額に対して、年1.674%
※その他手数料等が必要な場合がありますので、詳細は目論見書でご確認ください。
※目論見書はSucce-s trade取引画面内より電子交付によりご確認いただけます。取得の申込に当たっては、目論見書を電子交付いたしますので必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。