東京大学経済学部卒業後、通商産業省入省。日本万国博覧会の提案、企画、実施に携わる。沖縄開発庁に出向中には沖縄国際海洋博覧会及び観光開発を手掛けた。1962年通商白書では「水平分業論」を展開し、世界的に注目される。1978年に退官。作家として予測小説手法を開発、「油断!」「団塊の世代」「平成三十年」等のベストセラーの他、歴史小説「巨いなる企て」「峠の群像」「豊臣秀吉」「世界を作った男チンギス・ハン」等を執筆。また、1985年に出版した経済理論「知価革命」は世界8カ国語に訳され国際的評価を得ている。1998年7月より2000年12月まで経済企画庁長官を務めた。現在、早稲田大学日本橋キャンパス学督を務める。