株取引をはじめよう

さっそく取引をはじめよう

株雄くん

株主になるということは?

株を買うと、株主になることができます。株主になると、配当金や株主優待を受取ったり、株主総会に参加したりすることができます。

株主になるには、企業の決算期などの権利確定日に株を保有している必要があります。

内藤証券では株式等振替制度を利用していますので、権利確定日に株を持っているだけで株主として登録され名義書換の手続きも不要です。


株主

株を購入し株主になるということは、その企業へ事業資金への出資者になるということです。

株主になると、3つの権利を得ることができます。

  1. 企業の業績に応じた利益分配を受け取る権利。
  2. 株主総会に出席し、経営に参加する権利。
  3. 会社解散時に残った財産を分配し受け取る権利。

企業の業績が良ければ、利益分配を配当金とし受け取る金額が増えます。もちろん業績が良いので、将来に対する期待が高まり株価も上昇する傾向にあります。

株主になると、下記の3つの収益が期待できます。

  1. 購入時より、高く売ることで得られる値上がり益(キャピタルゲイン)
  2. 企業の決算期ごとに支払われる配当金(インカムゲイン)
  3. 株主に対して、自社製品などをプレゼントする株主優待
利益

株が値下りしたり、企業の業績によっては配当金が支払われない場合があります。

配当金を受け取るには

配当金は投資を行った企業の事業年度末に株を保有している場合に株主に対し支払われます。

例えば、3月末が事業年度末の企業の場合、配当金を受け取るには3月末まで株を保有している必要があります。

逆にいえば、3月末のみ株を保有していれば、配当金を受け取ることができます。

金袋
国内株取引のリスク
株価の変動、および為替の変動等(外国株式の場合)により損失が生じるおそれがあります。
国内株取引の手数料について
国内株の手数料は多岐に渡っているため、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は国内株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
株式は、クーリング・オフの対象にはなりません
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。
-