信用取引

内藤証券の信用取引

現金や保有株式などを担保に、手元資金以上の取引をすることができます。また、「売り」からはじめることができ、株価下落局面でも収益を狙うことができます。

信用取引をはじめよう。 信用取引のメリット 信用取引のしくみ 信用取引の注意点
制度信用・一般信用の取引銘柄

「Succe-s trade」でご利用いただける信用取引可能な銘柄です。

取扱銘柄

信用取引手数料・金利など

信用取引のコスト(手数料や金利)について、説明します。

信用取引の費用

保証金

保証金預託率や保証金に関するご注意事項です。

保証金

信用取引の期限

制度信用取引と一般信用取引は返済期限が異なります。

返済期限・精算

強制決済

信用取引における強制決済のルールについて説明します。

強制決済

注意事項

信用取引を行うための注意事項を説明します。必ずご確認ください。

注意事項


信用取引のリスク
信用取引は、最低50万円以上または建株の33%以上の委託保証金が必要であり、預託した保証金に対して約3倍の取引が可能です。このため、株価の変動等により、損失および預託した保証金以上の損失が生じるおそれがあります。
信用取引の手数料について
国内株の手数料は多岐に渡っているため、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は国内株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
信用取引は、クーリング・オフの対象にはなりません 。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。